ガジェット 3. 闇色輪廻 WORLD IS RED (角川スニーカー文庫)

  • 53人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (1)
    • (8)
    • (1)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 九重一木
制作 : 植田 亮 
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2010年2月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (334ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044746032

作品紹介

"雑音"に拘束されていた翔だが、リト、楓の助けも得て、真白、黒乃と合流する。だが、"角笛を吹く精霊"の策にはまり、真白は瀕死状態だった。"心配性"の幻想世界にとらわれ、"生命体"の再生能力が働かない真白を前に、苦悩する翔。さらに、"壊体者"の"流転骨牌"の力で、『中有の居城』-"角笛を吹く精霊"の本拠地への門が開いてしまう。上空には、赤く明滅する海『神の箱庭』が出現し-!無限バトル、衝撃の第3弾。

ガジェット 3. 闇色輪廻 WORLD IS RED (角川スニーカー文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 9784044746032 334p 2010・3・1 初版

  • 購入済み

    内容(「BOOK」データベースより)
    “雑音”に拘束されていた翔だが、リト、楓の助けも得て、真白、黒乃と合流する。だが、“角笛を吹く精霊”の策にはまり、真白は瀕死状態だった。“心配性”の幻想世界にとらわれ、“生命体”の再生能力が働かない真白を前に、苦悩する翔。さらに、“壊体者”の“流転骨牌”の力で、『中有の居城』―“角笛を吹く精霊”の本拠地への門が開いてしまう。上空には、赤く明滅する海『神の箱庭』が出現し―!無限バトル、衝撃の第3弾。

    だんだん黒乃が切なくなってきた。真白との対称だからしょうがないのかもしれないけど、切ない。
    リトのけなげさともまた違うので、別なところが痛い。

  • 2010/02/27
    ⇒中古待ち

    うーん、面白みがなくなってきた。
    すでに挿絵でしか買って無い。

全4件中 1 - 4件を表示

ガジェット 3. 闇色輪廻 WORLD IS RED (角川スニーカー文庫)のその他の作品

九重一木の作品

ガジェット 3. 闇色輪廻 WORLD IS RED (角川スニーカー文庫)はこんな本です

ツイートする