R-15 こんにちは、ぼくの初恋 (角川スニーカー文庫)

制作 : 藤真 拓哉 
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
3.21
  • (4)
  • (6)
  • (12)
  • (6)
  • (1)
  • 本棚登録 :152
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・本 (302ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044747022

作品紹介・あらすじ

一芸を持つ者が集まる閃学園。高校生にして天才エロ作家ということで、入学を許された芥川丈途は悩んでいた。なぜなら唯一の才能であるエロ小説が書けなくなっていたからだ!牡丹先輩(♀)からクラスメイトの鳴唐吹音との百合ポルノを依頼されたものの、なぜか萌え小説しか書けない!悩む丈途をほっといて、お祭り大好き閃学園は、一番大切なモノを人質にとり才能テストの開始を宣言して!?わちゃめちゃ学園生活の第2幕。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 第一巻と同じくなぜそうなる?という思いはあるのだが、伏線だったのか。

  • <一芸を持つ者が集まる閃学園。高校生にして天才エロ作家ということで、入学を許された芥川丈途は悩んでいた。なぜなら唯一の才能であるエロ小説が書けなくなっていたからだ!牡丹先輩(♀)からクラスメイトの鳴唐吹音との百合ポルノを依頼されたものの、なぜか萌え小説しか書けない!悩む丈途をほっといて、お祭り大好き閃学園は、一番大切なモノを人質にとり才能テストの開始を宣言して!?わちゃめちゃ学園生活の第2幕。>読ませる力の強いラノベだなあと思う。なんかこうぐいぐいひっぱられてくかんじで。ちなみに今巻マイラブ律たんはかなーり悲しい展開だった(T_T)次回予告の超展開MAGIでキボンヌ。

  • 一巻を読んだので、一応読んでみた。
    一巻よりはマシだったけど、やはりイマイチな感じ。山なし落ちなし、という印象を受ける流れで、どうしてものっぺりしている。設定がぶっ飛んでるから、ぶっ飛んでるストーリーでもいいと思うのだが、おとなしい。ロボが出てきたあたりが数少ないおもしろいところだった。面白い場所があっただけ、前回よりよかったということか。

  • 9784044747022 302p 2009・10・1 初版

全4件中 1 - 4件を表示

R-15 こんにちは、ぼくの初恋 (角川スニーカー文庫)のその他の作品

伏見ひろゆきの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

R-15 こんにちは、ぼくの初恋 (角川スニーカー文庫)はこんな本です

R-15 こんにちは、ぼくの初恋 (角川スニーカー文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする