丘ルトロジック2江西陀梔のアウラ (角川スニーカー文庫)

著者 :
制作 : まごまご 
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
3.88
  • (18)
  • (26)
  • (24)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 158
レビュー : 23
  • Amazon.co.jp ・本 (334ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044748326

作品紹介・あらすじ

街でトイレを探し、すんでのところで女子トイレに駆け込んだ咲丘。危機から解放され個室を出ると、長身痩躯のギター少女の襲撃が。現代の都市伝説「幼馴染」香澄との最悪の再会、だがそれは全ての始まりだった。街を揺るがしたテロの後、歓楽街「オアシス」では「ドッペルゲンガー」の目撃が相次ぎ、その目撃者の多くが怪死していた。そして香澄もまた「ドッペルゲンガー」の目撃者だったのだ-。『世界を知るための戦い』第二弾。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 【あらすじ】
    幼馴染みが登場して暴れる。

    【感想】
    ドッペルゲンガーについて厚く語っています。
    疾患の一つと考えると話が膨らむけど、本当にオカルトだったら、どうだったんだろう?
    個性とか現代病の一つなんでしょうね。

  • 1巻に続き2巻も面白かった。

    ちょっとご都合主義っぽいところも時々あったけど、それをねじ伏せるほどの力がある。それぞれのキャラもうまく活きてる。なにより作者の魂がこもっていて、伝えたいメッセージがある!というのが感じられた。

    パワーがある小説。

    まごまごさんの絵も個人的に好み。

    あとやっぱりマゾのキャラが大好きだ。笑

  • 一巻と比べると、控えめな感じだったけど面白かった。
    シェイプシフターとドッペルゲンガーについていろいろと知れて楽しめた。シフターの正体は予想外だったし、香澄がドッペルゲンガーを見た理由がなるほどなと感じた。確かに個性を否定され続けると本当に辛いし…。
    そんな感じで今回のテーマは個性じゃないかと思う。

    映画のモダンタイムスもまた見てみたいと思わさせられた。
    次巻も楽しみ。

  • ドッペルゲンガー,登場.
    更にシェイプシフターも出てきちゃったりして.
    というわけで丘ルトロジック2冊目ですよ.
    女の幼馴染をトイレで拾って飼うことになったり
    ドッペルゲンガー事件を調査したり.
    なかなか面白かったよ.
    ただ登場人物は皆何処かしら壊れてらっしゃいますね.

  • ごめんちょっとなに言ってるか分からない。 
    なにが言いたいのかもよく分からない。  
    今回はちょっとおとなしめでちょっと過激で真面目にオカルトやってた感じ。  
    しかしまぁ自然に存在しているこの世界は愉快だなぁ。

  • 続編。哲学カブレの学生が書いている、という感は否めない。面白いけどね。
    一巻から引き続きだけど、色で例えれば灰色というイメージがする。

  • 2011年3月当時の日記転載

    めっちゃ面白かった!
    つーかすでにベテランの貫禄…とおもいきや、「あれ?その話さっきもしなかったっけ??」とか、不必要に細かく描きすぎて逆に解りづらかったりって所があったりして、なんとも不思議な作家さんですw

    表紙は江西陀!
    つーか江西陀かわいい…っといっていいのか分かりませんが、良いキャラですw
    代表は全然ヒロインらしくないんで、メインヒロイン候補トップは江西陀でしょうw香澄?誰ノコトデスカ??

    さてさて、物語の主軸はドッペルゲンガー的な何か。
    テーマは一言で言えば「個性」でしょうか。

    誰しもが感じる葛藤や絶望を作者なりの感性でバッサリ切り捨てる感じは、一巻と変わらぬクオリティで素晴らしかったです。
    最後のドッペルの正体も、最初はだから何?って感じだったけど、そっからの掘り下げが良かった。かなり満足w

  • 1巻がインパクト強すぎてちょっと物足りなさを感じたかな?

    それでも十分な面白さがあるから凄い

  • はいてないはロック!
    今回はドッペルゲンガーがメインのお話。このシリーズはある意味で、あっさりオカルト事象が提示されるのが清々しいw たぶんツッチーめっちゃ可愛いんだろうなあw
    「まぁ結局一番怖いのは人間よね〜」て定型句を、がっちりエンターテイメントしてくれる。おかげでオカルトキャラがほのぼのしているよ!w
    そして、今回は江西陀可愛すぎた。イラストに、本文に。や、『桜ちゃん』もよかったけどもw

  • 1巻と比べるとかなり落ち着いた展開。新しい登場人物達も一癖あるのが補充されましたが、丘研の面々は地味。あの1巻のテンションまで達しないまま終わってしまってちょっと肩すかし。

全23件中 1 - 10件を表示

丘ルトロジック2江西陀梔のアウラ (角川スニーカー文庫)のその他の作品

耳目口司の作品

丘ルトロジック2江西陀梔のアウラ (角川スニーカー文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする