空からの落とし物―ハイパーT&Tリプレイ (角川文庫―角川スニーカー・G文庫)

  • 角川書店
3.00
  • (1)
  • (0)
  • (4)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 17
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (346ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044805074

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  ハイパーT&Tのリプレイ。1冊完結。
     すでにいくつかの…いや、おそらく相当な数の冒険をともにこなしたパーティのお話。さらにルールの解説などもほとんど行われていないので、最初に手に取るならこれの前作『ドラゴンズ・ヘヴン』シリーズがおすすめ。
     PC同士の人間関係がしっかり構築されていて、掛け合いのテンポやロールプレイの安定感が小気味よい。ただし、彼らの過去エピソードは活字化されていないようなので、関係性の理解・共感には少々戸惑うかもしれない。
     ただ、過去のシナリオに由来する言動に際しては、その都度解説が入るので、読み進める分には特に支障はなかった。個人的には想像力もかき立てられ、キャラも立った面白い作品として読めた。

    ・ゴードンとチャージホエールの水陸の差を超えた義兄弟っぷりに笑った。
    ・やっぱりこのシステムのフェアリー様は凶悪だぜぇ…だがそこがいい。

  • 一巻、二巻を飛ばして三巻目から読み始めたような気になる一冊。色々とこれ以前の冒険譚があるらしいが、本編から読み取ることは難しい。ルールやワールドの説明にもなっていないし、構成としては明らかに失敗。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1950年生。翻訳家、ゲームクリエイター、小説家、アンソロジスト。株式会社グループSNE代表。訳書にスミス「魔術師の帝国《1 ゾシーク篇》」、ウィルヘルム「翼のジェニー」(共訳 アトリエサード)、フィルポッツ「ラベンダー・ドラゴン」、マーティン「サンドキングス」(早川書房)、プリースト「逆転世界」(東京創元社)、ワイス&ヒックマン〈ドラゴンランス〉シリーズ(KADOKAWA)等多数。

「2017年 『魔術師の帝国《2 ハイパーボリア篇》』 で使われていた紹介文から引用しています。」

安田均の作品

ツイートする