ジャンクガール・ジグ (1)あたしの飼い主 (角川スニーカー文庫)

  • 87人登録
  • 3.94評価
    • (5)
    • (7)
    • (6)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 日日日
制作 : エナミ カツミ 
  • 角川グループパブリッシング (2008年10月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (334ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044810108

作品紹介

俺の名は空井滅作。モンスターの召喚技術・怪造学を悪用する奴らを取り締まるのが、俺の商売だ。ある事件の捜査で俺は、狂気の人体実験の犠牲となった少女を保護する。モンスターの器官を全身に移植した生体兵器として造られ、人との触れあい方も知らぬ少女、ジグ。その面倒をみることになり、やれやれと思いきや、彼女を造った狂的怪造学者が、ジグ奪還のため、宣戦布告してきやがった!?-期待のアクション・コメディ、スタート。

ジャンクガール・ジグ (1)あたしの飼い主 (角川スニーカー文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • アンダカの怪造学と同じ世界観で、それよりも前の話。
    伊依の父の空井滅作が髑髏になる前の話。
    伊依が出るのは少しだけ。
    アンダカの怪造学を読んでなくても、楽しめるかな?

  • 確かにフツウだ。
    ある意味で、アンダカの設定補完っちゃ補完でもありますが。
    滅作父さんが、かなりいい感じの人なのが、不思議な感じ。
    ドクロの癖に(笑)

    つか、本編キャラ引っ張り出しすぎな気がしなくもない。
    怪造学会って、それだけ狭い世界なのね(笑)

全4件中 1 - 4件を表示

ジャンクガール・ジグ (1)あたしの飼い主 (角川スニーカー文庫)のその他の作品

日日日の作品

ジャンクガール・ジグ (1)あたしの飼い主 (角川スニーカー文庫)はこんな本です

ツイートする