何を話せばいいのかわからない人のための雑談のルール (中経の文庫)

著者 : 松橋良紀
  • 中経出版 (2013年10月29日発売)
3.21
  • (3)
  • (18)
  • (27)
  • (6)
  • (3)
  • 本棚登録 :206
  • レビュー :23
  • Amazon.co.jp ・本 (221ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784046000224

作品紹介

雑談って何を話したらいいの?気まずい時間ってどうすれば?話ベタってもう一生直らない?そんな悩みはこの本ですべて解決します。雑談にも技術があるのです。雑談がうまい人に共通するパターンをまとめたこの一冊で社内はもちろん、取引先との会話やパーティーでもラクラク盛り上がる!

何を話せばいいのかわからない人のための雑談のルール (中経の文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 雑談のルールについて知りたくて読書。

    ポイントは聞き上手になること。ただ聞き上手になるのではなく、相手主義で相手に氣持ちよく話をさせるような発問ができるかが重要になる。

    相手にドンドン話させると自己開示になり、新規感を持ってもらえる効果を生み出す。

    失敗談をもっと活用する。

    完璧主義だと雑談がうまくならない。

    完璧主義傾向が強いと自覚していたが、チェックリストではチェック0個。完璧ではなく、適当人間、もとい、柔軟でバランスの取れれた人間に成長してきたのかも。

    アイディアを生み出す7つのステップ、
    Substitude(換える) 別のものへ換えてみる。
    Combine(結びつける) 2つ以上のものを組み合わせてみる。
    Adapt(適応させる) 何かを(一部、または全部)加えてみる。
    Modify(修正する) 何かを(一部、または全部)修正してみる。
    Put to other purposes(他の目的に使用する) 別の目的に使ってみる。
    Eliminate(除く)何かを取り除いてみる。
    Rearrange/Reverse(並べ替える/逆にする) 並べ替えたり逆にする。

    自己紹介をもっと工夫して、相手がイメージしやすいワンフレーズを入れて伝える。

    読書時間:約40分

  • ※オーディブルの無料期間中ということでthe自己啓発ぽい本を興味がてらDLしてみた。
    ※二週間ほどオーディブルを使ってみて。風呂や移動中のスキマ時間を使って倍速で聴きながら、気になるとこはブックマークしメモをとり、全編終了後に再度ブックマーク部分だけリピートして、記憶定着させるという方法に落ち着いてきた。
    ーーー
    ・営業コンサルタントによる、心理学をベースとした、理にかなった人間関係づくりの為の(雑談をはじめ自己紹介・挨拶などのシーンの)対話Tips集といった用向き。
    ・本当にそういう反応になるかしらと思う例句もあったが、いくつかは試してみようと思うものもあり。
    ・雑談の目的は、あくまで人間関係親密さを深めることだけ。
    ・雑談=聞き方の技術:相手の話を引き出す(花を持たせる)ことに注力する

  • ## 自己紹介のフォーマット
    - 名前の紹介(漢字も紹介)
    - 仕事の説明
    - エピソード
    - 締め(前向きな期待)

    ## 典型的な話題
    - 天気
    - 趣味
    - 仕事
    - 旅行
    - 学生

    ## その他
    - 困ったら自分の得意分野で話すといい

  • 雑談の方法論について書いた一冊。
    中でも考えたこともなかったのが、「うなずきでのあごの動きを同調させる」こと。
    うなずきのペースを相手に合わせるということは考えたことがなく、新鮮だった。そして、うなずきを合わせようとすると、自然と相手の心の状態を気にかける自分がいることに気付けた。
    また、「完璧主義の人は、自分の得意なところでしか話せない」、というのもドキリとさせられた。今までは、「自分の理解した範囲でしか話さない」=「受け売りではない話」くらいにポジティブに捉えていたが、そもそも会話でチャレンジしていない自分に気付かされた。

  • 会話のは、垂直、水平な数珠つなぎで発展させる。
    練習が必要かも。

    年上の話に合わせるのがしんどいときは、自分の話をしてもよい。
    確かに、自分の話をする方が楽。

    前の人の話を、聞いた話として会話のネタにする。
    これは結構やってる人が多い。

    質問をするときは、CLOSEでなく、OPENな質問(例えば、どのように、どんななど)を多くすることで相手にたくさん話してもらうことができる。
    会話ではOPEN、LINEではCLOSE多めがいいかな?

    会話をする際、3つの視点がある。
    1.自分の視点
    2.相手の視点
    3.第3者の視点
    通常は2の相手の視線になることが大切
    気づいたら1になっていることが多い…

    チャンクアップ:抽象化
    チャンクダウン:具体化
    これらを使い分けて話に盛り込む
    なるほど、意識的にこれらを使い分けて発表などに取り入れたい

    情報を入手したら、それを自ら発信することで自分のものとなる。
    ブクログはそれに適している。

  • そんなに難しいことは書かれておらず、ちょっとの意識を心掛けられればうまく雑談できそうだと感じた。すぐ実践してみたくなり、人と雑談しようと良い気になるので、その気持ちが持てただけ前進しているからとても良いと思う。

  • 読んだ後、下記のことを意識しながら話すようにしたら、少し会話がラクに楽しくなった。
    私も完璧主義だからなぁ。

    【学んだこと】
    <全体>
    ・雑談は、意味のない話をして、自分と相手の心を開くこと。
     完璧主義な人ほど雑談が苦手で、自分は「こんな無駄話面白くないんじゃないか」と不安になるが、相手は「自分に興味を持ってくれていること」に喜んでくれる。
     話の内容はなんでもいい。

    ・商談や会議が終わった後、別れ際にも雑談を。より親しくなれる。

    <雑談ネタ>
    ・相手の好きなことや体験・経験など、”相手のこと”を話題にすれば、相手がどんどん話してくれる。
     特に”休日の過ごし方”について聞くと、その人の価値観が見えて、距離が縮まる。

    ・美味しかった店、読んでよかった本など、普段からブログなどで発信する。文章を書く。
     一度文章化したことは自分でもよく覚えていて、とっさに話題に出せる。

    ・自己開示には、”ちょっとした失敗談”が使える。
     重い話の場合は「今となっては笑い話なんですが」と前置きすることで「笑っていいですからね」と承認を与えることができる。

    <聴き方・訊き方>
    ・相手と波長を合わせる、”ペーシング”を心掛ける。
     話すスピード、声の大きさ、テンションの高さ・低さ、姿勢(ピシッとした姿勢かリラックスした姿勢か)、あごの動き(うなずく深さ、スピード、回数)。
     自分の言いたいことは飲み込んで、オウム返しを使う。

    ・雑談では、オープンクエスチョン8割を心掛ける。

    ・チャンクアップとチャンクダウンを意識する。
     (チャンクアップ):抽象的、本質的な質問。
     「何が得られるの?」「何が満たされるの?」など。
     (チャンクダウン):具体的に落とし込む質問。
     「例えば?」「具体的には?」など。

  • 完璧主義の人=自分がきちんと話せる話題以外話さない=他人からの評価を恐れてうまく話ができない

    というポイントが1番腑に落ちた。
    人見知りだから、口下手だから、と言い訳し、雑談を無駄だと切り捨ててきたことをひどく後悔した。

    自身も営業職なので、是非実践していきたいと思う。

  • オーディオブック

  • 駅で時間があったから、ふらっと立ち寄って手に取った一冊。
    一番印象的だったのは雑談で最も重要なことが、聞き方の技術だということ。
    自分はエンドポイントを会話を盛り上げるとか、沈黙をなくすことにセッティングしていたけれど、雑談の真のエンドポイントは素敵な人間関係を築くことにあるのだということに考えを改めさせられた。
    最初に設定していたエンドポイントはいかにも自分本位の考え方だとダメだしされてました笑
    顎の動きの同調とか、ベストな声を出すには肩の力を抜くとか使える知識もあったし、さらっと通勤の往復で読めちゃいました。

全23件中 1 - 10件を表示

何を話せばいいのかわからない人のための雑談のルール (中経の文庫)のその他の作品

松橋良紀の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
佐々木 圭一
落合博満
ロバート キヨサ...
有効な右矢印 無効な右矢印

何を話せばいいのかわからない人のための雑談のルール (中経の文庫)はこんな本です

何を話せばいいのかわからない人のための雑談のルール (中経の文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする