手帳という武器をカバンにしのばせよう

  • 中経出版 (2013年11月1日発売)
3.75
  • (24)
  • (27)
  • (31)
  • (6)
  • (1)
  • 301人登録
  • 23レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (231ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784046000330

作品紹介

モノや情報アイデアや夢など、人生には探し物をしている時間が多いものですが、その探し物にかける時間がいちばんムダです。手帳を使うと、その時間をなくせます。

手帳という武器をカバンにしのばせようの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 全ページカラーでわかりやすい。仕事とプライベートをバランスよく配合して、「どこに何を書けばよいか」を丁寧に提案してている。「一日一緑」(自分にとってワクワクすること)や、「ハッピーマイレージ」(日々の幸運を手帳を使って積み重ねること)などの考え方を取り入れることで心も豊かになるかも。

    あと、大抵の手帳術の本には載ってない「巻末のメモページ」の活用方法や、手帳に挟めるくらいの「プチノート」を使ってのアイデア出しなど、手帳本体だけでなく幅広いフォローがあってよい。

    また、全体的にビジネス本依りの手帳術ほど堅苦しくなく、「目的をこのように立てなさい、目標はこのようにしなさい」という上から目線のものではなく、手帳を使う人に寄り添った書き方になっていると感じた。

  • この手の本のなかでは内容が濃い一冊。

    なるほどなーと思う反面、「けっこう無意識に実践してること多いじゃないの♪」なんて。
    ただ、無意識に実践してることについては、無意識ゆえにばらつきがある。今後、系統立てて意識的に取り組むことで、更に自分や自分の時間と向き合いたい。

  • マンスリーは「他人との約束」、ウィークリーは「自分との約束」、「他人との約束」は頭に時間、「自分との約束」は頭にチェックボックス、というマンスリーページとウィークリーページの使い分け案を早速実践させていただいてます。

    他にも、4色ボールペンによる色分け、予定変更履歴も残すことなど、アイディア満載ですので、気に入ったものをやってみて自分なりにアレンジしていくと良いと思います。

  • 手帳に書くことって、何かあるかなぁ?と人の手帳を見て勉強しているので、何を書くか!と具体的に載っていて参考になりました。

  • カラフルなページをふんだんに使った手帳術本。手帳術本も少なので色々読んでおり、内容が重複して復習する箇所もありましたが、「未来宣言して実現するようにさせる」技や「自分との約束にチェックボックス」など新たに参考になる話も多く満足の一冊でした。

  • 1年をこんな風に計画的に過ごせたら、さぞかし充実するだろうなあ・・・取り入れられるところだけ、取り入れてみよう。自分が助けてもらったことと、自分が助けたことを手帳に記していくのは、自分がどれだけ人と関わっているのかが客観的にわかるからいいなと思った。

  • 色分けのルール
    青は仕事、緑はプライベート、赤は健康、重要、黒はその他。
    自分都合の予定変更は二重線、相手都合の予定変更は×印。
    休日は緑の蛍光ペンで囲む。

  • 手帳の使い方の提案というより、そもそも手帳を持つことのすゝめみたいな内容でした。だから私のようにある程度手帳を長年使っている人より、手帳を持っていないけどそろそろ持ちたいなあという人向けです。

    その中で気になった点をいつくか。

    ・他人との約束はマンスリー、自分との約束はウィークリー

    他人との約束(予定系)はiPhone、自分との約束(ToDo系)は手帳にしています。

    ・プライベートと完全休日

    プライベートの日はプライベートの予定が入っている日。完全休日は何もしない日。月に一日は完全休日を作り、明示する。確かに、必要かも。

    ・手帳はひとつでもたくさんカレンダーを作るのはNG

    その通りです。情報はなるべくまとめる。

    ・年に一度のアドレス帳整理

    年賀状の時期にスマホのアドレス帳も整理。その予定を今から12月に書いておく。

    ・偶然の幸運を「見える化」

    日々おきた偶然の幸運(例えば好きな子と登校時に出会ったなど)を記録する、これはいいと思います。友人のひとりが以前「一年で100個のありがとうをもらう」という目標を立てていましたが、誰かに感謝されたことを記録するのもありです。

    ・プチノートと手帳を合体させたデイリー

    本書ではウィークリーの手帳と、同じ大きさのプチノートを使用することを推奨していますが、それならデイリーで一冊にまとめたほうがいいのではと思うデイリー使いでありました。

  • イマイチ手帳術を活用しきれなかった人にピッタリかも。この場合はこのように。という感じで記入例が書かれているので分かりやすいです。買ってよかった!

  • 手帳本としてはいろいろ書き過ぎてなくて読みやすい。やってみようと思うことがいろいろあった。今年は試してみるし、娘にも教えた。

全23件中 1 - 10件を表示

手帳という武器をカバンにしのばせようのその他の作品

さとうめぐみの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
佐々木 圭一
有効な右矢印 無効な右矢印

手帳という武器をカバンにしのばせようを本棚に登録しているひと

ツイートする