この世から苦手な人がいなくなる

著者 :
  • 中経出版
4.00
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 21
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (254ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784046000569

作品紹介・あらすじ

できる人はなぜ人の「好き嫌い」がないのか?人間関係は「努力」ではなく「法則」で解決する。人間関係の「ストライクゾーン」を広げる技術。4万件を超える営業活動で磨き上げた、究極のコミュニケーション理論「ソーシャルスタイル」の思考法。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 簡単に読める

  • チェック項目10箇所。コミュニケーションがうまくいかないときは、「相手だけ」に問題があるわけではありません、相手のタイプを見極められない「あなたにも」問題があります。そうはいっても、「相手のタイプに合わせるのはむずかしい」という人もいるでしょう、相手が苦手なタイプだと、「合わせたら負けだ」と思ってしまいがちです。相手のルールに従いながらも、自分の成し遂げたい目的はブレずにやりきる、つまり、ソーシャルスタイル思考は、相手とのコミュニケーションをうまくとりつつ、同時に自分の目的も達成する方法なのです。嫌味攻撃への正しい対応は、ニコッと笑って「ハイッ!」と答える、過剰反応をせずに、それ以上、何も言わない、これに尽きます。言うことがコロコロ変わる上司の思いつきには、「共感」を示すだけにとどめて、スルーするのが正しい対応です、「面白そうですねぇ!」「そんなことを思いつかれるとは、さすがですねぇ」などと答えれば、相手は満足します。「何のことだっけ?」と言う人は、嘘をつこうとしているわけではありません、「忘れている」ではなくて、「薄れている」ととらえるほうが賢明です。「なんで?」と言うほうは、いじめようと思っているわけではありません、納得できていないので、提案の「根拠」を知って、納得感を得体だけなのです。沈黙は、頭の中で情報を整理している時間、無言による沈黙は、頭の中で情報を整理し、自分なりの解釈を導くための「発酵」の時間です。ノリが悪く見える人への正しい対応方法は、「人にはさまざまなノリや楽しみ方がある」という前提で付き合うことです。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

らしさラボ代表取締役。リクルートフロムエー入社後、リクルートのHR部門に異動。営業職、および営業マネジャーとして活躍。両社において累計1000社の採用に携わり、プレイヤー部門、マネジャー部門で年間全国トップ表彰4回。累計40回以上の表彰を受賞、名実ともにトップセールス、トップマネジャーとなる。その後、営業部長、リクルート関連会社(株)フロムエーキャリアの代表取締役を歴任。20年にわたってリクルートグループで「好業績を生み出す営業組織づくりの専門家」として活躍。在籍中よりリクルート社内はもとより、クライアントから売上向上に向けたコンサルティング、研修のオファーを受け、独自のポジションを確立。実効性の高いカリキュラムが評判を呼び、たちまち受けきれない状況に。2011年、独立。らしさラボ設立。

「2017年 『1分で打ち解ける! 戦略的な雑談術』 で使われていた紹介文から引用しています。」

この世から苦手な人がいなくなるのその他の作品

伊庭正康の作品

ツイートする