執事が教える 相手の気持ちを察する技術

著者 : 新井直之
  • 中経出版 (2013年11月26日発売)
3.00
  • (0)
  • (3)
  • (4)
  • (1)
  • (1)
  • 本棚登録 :65
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (191ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784046000798

作品紹介

世界のセレブを相手に究極のサービスを提供する執事が、相手の考えや気持ちを「察する力」の鍛え方を教えます。

執事が教える 相手の気持ちを察する技術の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 人間観察のポイントがわかりやすく纏められています。
    ここに書かれているポイントを自分にふりかえて見ることもまた重要であると思います。

  • メモ。

    アポイントは10、13、15、17時が基本。また月金は重要。
    違う時間帯を指定し、相手の真剣度合いをはかる。

    ネクタイの色と態度をセットで覚える。
    赤 情熱的、青 冷静、ピンクはフレンドリー、黄色 目立ちたい。

    他人の言葉の引用は、その人の意見だと思え。

    使うものによって人の性格は変わる。
    物の扱いと心情を結び付けて観察。
    高級なものを丁寧に、など。
    仮説をたててやってみる。
    ざわついた心を沈めるために高級なティーカップを使ってみよう、など。

    玄関と家人の印象がリンクするか検証。
    ムダや豪華なもの→本音をださない
    セレブはシンプル。
    会社の受付も同じ。

    無料のものにこそ提供する人や会社の魂がやどる。
    無料エステできちんとしていなければ、お金を払っても満足はできない。

    しつこく質問できる人ほど分析力は高くなる。 相手のことを思って質問していることを伝えること。
    3回なぜを聞いてみる。
    相手からの質問には必ず意味がある。

全2件中 1 - 2件を表示

執事が教える 相手の気持ちを察する技術のその他の作品

新井直之の作品

執事が教える 相手の気持ちを察する技術はこんな本です

ツイートする