世界一わかりやすいロケットのはなし

著者 :
  • KADOKAWA/中経出版
3.20
  • (0)
  • (1)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 22
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (207ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784046000989

作品紹介・あらすじ

「ペンシルロケット」から「イプシロン」まで日本のロケットの歴史がすべてわかる!「こうのとり」「はやぶさ」「かぐや」etc…人工衛星、探査機、補給機の打ち上げ秘話満載!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 日本のロケット製作の歴史がわかる作品。
    失敗を失敗として終わらせない、次のロケットに生かす糧としていく研究者の逞しさを感じました。

  • 参考になった。
    今まで打ち上げられた全てのロケット。

  • ひたすら過去から現在までのロケットの紹介が続くため、「途中で飽きるかも・・・」と懸念していましたが、実際に読んでみると、これまでのロケット開発の流れがわかって面白かったです。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

青山学院大学卒業。ライター。宇宙作家クラブ会員。映画「宇宙兄弟」や「オデッセイ」の設定や解説を担当。主な著作に『世界一わかりやすいロケットのはなし』『日の丸ロケッツ』『月への招待状』などがある。

「2016年 『宇宙を仕事にしよう!』 で使われていた紹介文から引用しています。」

村沢譲の作品

ツイートする