ささいなことに動揺しない生き方

著者 :
  • KADOKAWA/中経出版
2.83
  • (0)
  • (2)
  • (2)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 20
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (206ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784046001726

作品紹介・あらすじ

思わぬトラブルに見舞われた時、崖っぷちに立たされた時、人間関係で困った時、人は動揺して我を忘れてしまうもの。しかし、気の持ち方をほんの少し変えるだけで、心の平安を取り戻すことができるのです。人生を心安らかに生きる知恵が凝縮!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ちょっといらっとしていたので。仏経に即した項目が多い感じ。こういう考え方もあるのね、とうまく導いてくれるのもあるけど、これはちょっと…というのも少々。(例えばグチや泣き言を言わない方が応援してもらえる項。どうして言ってくれなかったの、と重大なことが起こってから思ったこともあるよね。溜め込む人とか)うまく選択して活用するのがいいのかな。どの本にも当てはまることだけど。

  • この手の本のありきたりなことを書いてあるだけでした。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

著述家。学習院高等科、同大学卒業後、資生堂に在職。
独立後、「心理学」「東洋思想」「ニューソート」などに基づいた人生論の研究に従事。
1986年、研究成果を体系化した『成心学』理論を確立し、著述活動を開始する。
95年「産業カウンセラー」(旧厚生労働大臣認定資格)、2003年、僧位(知客職)を取得。
『平常心のコツ』(自由国民社)、『「折れない心」をつくるたった1つの習慣』(青春出版社)など、著書多数。

「2018年 『眠る前に1分間ください。明日、かならず「良いこと」が起こります。 サマーブルーバージョン』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ささいなことに動揺しない生き方のその他の作品

植西聰の作品

ツイートする