「メシが食える大人」に育つ 子どもの習慣

著者 :
  • KADOKAWA/中経出版
3.53
  • (4)
  • (4)
  • (5)
  • (0)
  • (2)
本棚登録 : 46
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (223ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784046001917

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • い図。挨拶、できる時とできない時がある2歳の娘。「せーの!こんにちは!」と、せーので誘ってみるっていうのはナイスアイデア。娘も乗ってきそう!やってみよう。2018/2/14

  • 大切な事が沢山描かれていた。これからもきっと何度も手に一冊。

  • 親の役割はおそらく子どもが独立して生活を営んでいけるようにするためのサポートが主なんでしょうね。
    あくまで子ども自身が決めて成長していくわけで、親や親の代わりに生きてくれるわけではありません。
    分かってはいるけれど、ちょっと客観的に見れるようにするために大事です。こういう考え。

  • 子どもたちを「メシが食える大人」に育てるには、どうすればいいのかが、花まる学習会のコンセプト。

    「すぐに折れない心」「おもしろがって考える頭」「周りの人とつながる感覚」「今すぐ行動したくなる体」「人生を思いっきり楽しむ力」をつける習慣があれば、メシが食える大人になれると展開。

    今の子どもに足りないことは、大人である親たちが影響しているのは間違いありません。
    頭が良いとか、才能にあふれる、という以前に、自分で生きていける人間に育てることが、大事だと実感させられました。

  • メッセージには共感できます。
    ただ、高濱さんが書かれた他の本と内容がかなり被っており、代表的な1冊を読めば良いかと思いました。

全6件中 1 - 6件を表示

プロフィール

高濱 正伸(たかはま まさのぶ)/関東、大阪、名古屋で教室展開している「花まる学習会」代表。テレビ出演多数。著書に、6万部突破の『お母さんのための「男の子」の育て方』や3万部突破の『中学生 中間・期末テストの勉強法』(以上、実務教育出版)など。

「メシが食える大人」に育つ 子どもの習慣のその他の作品

高濱正伸の作品

ツイートする