理系の人々 4

著者 : よしたに
  • KADOKAWA/中経出版 (2014年3月1日発売)
3.57
  • (4)
  • (21)
  • (20)
  • (2)
  • (0)
  • 本棚登録 :185
  • レビュー :8
  • Amazon.co.jp ・本 (175ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784046001931

作品紹介・あらすじ

こだわりを持つのが仕事です。『理系の人々』スタートから8年弱、変わったモノもあれば、変わらないものもある。

理系の人々 4の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 理系とはいってもパソコン関連。
    分からない言葉が多すぎる。
    でも、このシリーズはけっこう好き。知ったかぶりに使うつもり。

  • A3

  • よしたにさんはなんだかんだ楽しそうで羨ましい。

  • 相変わらず理系と関係ないだろという話もあるけど面白かった。
    理系女子の話は今やると小保方さんしか思い出せない。この本の発売は時期的にSTAP細胞を発表した後だけど、小保方さんの名前がでてこないのはよかったかもしれない。
    サイバーダインとう会社のHALというサーボーグ型ロボットがすごい。未来だなぁ。

  • 理系女子のエピソード面白かった。

  • SAってこんななのかなー。

  • 毎巻「わかるわかるー」と思うエピソードがいくつも。よしたにさんに連れ合い(理系)を重ねてニヤニヤできるので久々の新刊に心躍りました。
    理系女子あるある、HALの山海先生へのインタビューも面白かった!!

  • 理系ではないが、やっぱりあるある。。。
    ううん、どういうことだろう。

全8件中 1 - 8件を表示

理系の人々 4のその他の作品

よしたにの作品

ツイートする