愛される人の境界線 (中経の文庫)

  • KADOKAWA/中経出版
3.40
  • (1)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 18
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (254ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784046002525

作品紹介・あらすじ

人は歳を重ねたとき、魅力に差がつきます。何歳になっても若々しくて可愛らしい女性は魅力的です。でも中にはただ幼いだけで、大人の女性に成長できない人も…。そんな"子供おばさん"を反面教師に"大人女子"になるための秘訣を紹介します。愛され女子に変わる35のポイント!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 痛いおばさん、という言葉を聞いて、痛いおばさんとはどういうものなんだろうと思っていた時に出会った本です。
    最初は結婚とか恋愛にまつわるエピソードが多かったので、いわゆる結婚するための恋愛テク本?と思いながら読んでいましたが、後半はなるほどなぁと思う記述もちらほら。
    我が身の行動を思い起こしながら、あぁ、まだまだ子供おばさん要素が強いなぁなどと思いながら楽しく読みました。客観的に自分を振り返ることができましたし、参考にもなりました。
    自己肯定はやっぱり大事だなと再認識する内容です。
    人間関係に悩んでいる人、自信がなくて不安な人、自己嫌悪や湿度に苛まれている人にオススメしたいです。

  • あんまり期待してなかったのに(←こら!笑)、読んでびっくり!Σ(゚Д゚〃)
    考えさせられたし、ためになった!!
    とくに、自己肯定や愛についての記述が興味深かった*
    なので、度々引用されていた エーリッヒ・フロム『愛するということ』を、機会があったら是非読んでみたいなと思った♪

    ただ…個人的には、やはり大人になるためには「女子」(という言葉の響き?)のままではいかんのじゃなかろうか~とも思ったりw

  • ひどいことをされたときに、真っ先にしたほうが良いこと
    それは「自分の機嫌をとること」
    限りある時間を、人を恨むことに費やすのはもったいないこと
    なかなか(´∀`;)

全3件中 1 - 3件を表示

愛される人の境界線 (中経の文庫)のその他の作品

愛される人の境界線 (中経の文庫) Kindle版 愛される人の境界線 (中経の文庫) コラムニスト・ひかり

コラムニスト・ひかりの作品

ツイートする