TOEICテスト280点から同時通訳者になった私がずっと実践している英会話の絶対ルール

著者 : 小熊弥生
  • KADOKAWA/中経出版 (2014年5月23日発売)
2.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (5)
  • (0)
  • 19人登録
  • 4レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (190ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784046002921

作品紹介

TOEIC280点から3年で同時通訳者になった小熊弥生が伝授する英会話トレーニング。街中で、職場で、旅行先で…第一線で活躍する著者がいつも実行している「14のコツ」で、英会話はどんどん上達します!

TOEICテスト280点から同時通訳者になった私がずっと実践している英会話の絶対ルールの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 同時通訳者の方が書かれた本で、TOEIC 280点から通訳になるまでに得たポイントが集約されています。

    後半の実践ダイアログよりも、前半に書かれている15のコツは納得させられるものがありました。海外経験なしで通訳になったという点で、いくら勉強しても一皮向けない私には役に立つポイントがあると感じました。

    この本の著者が自分で15のコツを取得したように、コツというものは本に書かれたものを追いかけるのではなく、自分で作りあげないとコツにはならないとも感じました。

    以下は気になったポイントです。

    ・練習で仕入れたフレーズは、実際に使わなければいつまでたっても「わかる英語、知っている英語」であって「使える英語」にはならない(p17)

    ・いつ、何を、やるかを具体的に決めて予定に落とし込まなければダメ、自分のスケジュールと照らし合わせて行動を具体化することがポイント(p26)

    ・予定化していないことはできないし、やらない。いつ、何を、どこでやるかを細かく手帳に書いておくと挫折しにくい(p27)

    ・英会話のコツは、気持ちの良い会話のキャッチボールができ、さらに会話を弾ませ、相手との関係性をどんどん良くしていく方法である(p39)

    ・相手と自分の共通項を見つける、共通の話題があれば、心の距離がぐっと縮まる(p55)

    ・ふだん胸式呼吸で話している人が、お腹から声を出して英語を話すと、それだけで英語らしい発音に聞こえる。発音が悪くても、声が大きければ相手に聞き取ってもらえる可能性は高まる(p82)

    ・自信を持ち、熱意を込めて話すことで、相手にしっかり伝えたいという気持ちが伝わる(P97)

    2014年8月9日作成

  • 17/11/19 (81)
    「勉強」しないですぐ上達する、ていう煽り文はちがうと思うけど、街中で困っていそうな外国人に声を掛けるというのはやってみたいなと思った。英語話せるかのまえに度胸だね。

  • 要するに、実践的に学ばないといけないということがポイント。

  • 資料ID:98140462
    請求記号: 837.8||O
    配置場所:工枚就職資格

    TOEIC280点から3年で同時通訳者になった著者が教える英会話のルール!!
    スキマジカンに「15のコツ」を実践したら、あなたの英語力はどんどんアップします!!

全4件中 1 - 4件を表示

TOEICテスト280点から同時通訳者になった私がずっと実践している英会話の絶対ルールのその他の作品

小熊弥生の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
佐々木 圭一
横山 秀夫
朝井 リョウ
又吉 直樹
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする