僕に働く意味を教えてくれた29通の手紙 (中経の文庫 ふ 13-3)

著者 :
  • KADOKAWA/中経出版
4.33
  • (2)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 29
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (301ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784046003416

作品紹介・あらすじ

営業7年目、29歳、副主任。働き盛りの主人公・藤剛(とうつよし)は、仕事にも人間関係にも不満だらけの毎日。上司が自分を認めてくれない。部下がきちんと仕事をしない。転職した同期は、楽しそうでうらやましい。この仕事は、自分がやりたい仕事ではない。もうやめたい!そんな彼のもとに、ある日、差出人不明の手紙が届き始めた-泣けて沁みてタメになるハートフルストーリー。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 十年前に読んでたら…と。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

アントレプレナーセンター代表取締役 1958年生まれ。1988年株式会社就職予備校(現・アントレプレナーセンター)設立。通産省産業構造審議会委員を始め、数々の委員を歴任。人材育成、組織活性化、新規事業の立ち上げなどの専門家として、25年以上にわたり日本を代表するいくつもの大手企業や全国の地方自治体などで約7500回、延べ30万人以上に研修、講演を行う。自身のライフテーマである「世界中の人々が夢と勇気と笑顔に溢れた社会を創る」という志をもとに開催する夢の発表会「夢(ドリーム)プラン・プレゼンテーション」のノウハウを無償公開している。また、東日本大震災後、「夢の国東北プロジェクト」を立ち上げた。 「他人の成功を応援すること」を生きがいとし、自身のポリシーは「通りすがりの者」。名を残さず世の中を変えていくことをテーマにするその姿は、多くの企業経営者、ビジネス書のベストセラー作家などから「メンター」と慕われている。受講生からの「人生が変わった」という声が後をたたない。

「2013年 『心で勝つプレゼン』 で使われていた紹介文から引用しています。」

僕に働く意味を教えてくれた29通の手紙 (中経の文庫 ふ 13-3)のその他の作品

福島正伸の作品

ツイートする