ひとりっ子の頭ん中 (中経の文庫)

著者 :
制作 : 小山 健  小山 健 
  • KADOKAWA/中経出版
3.07
  • (2)
  • (3)
  • (6)
  • (2)
  • (2)
本棚登録 : 68
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (191ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784046003515

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 本屋で見て爆笑して思わず購入した生粋の一人っ子です(笑)卵焼きのくだりは納得。そう、一人っ子は「私は卵焼き食べたいです。以上!!!!」なのです。当てはまらないものも中にはあるので、半分ぐらいがそうかな?という感じ。読み進めてみた感想としては「そうか、世の中の兄弟持ちはこんなに気を使ってるのか…………(面倒くさいなぁ…………)私にはとてもできない。」~終了~ といった具合です。
    一人っ子の奇人変人さを不思議に思うなら是非読んでみてください。え?自分からそういう人間だって言えばいいじゃないかって?無理ですよ、だって一人っ子だから(笑)

  • 参考になりました!

  • 図星過ぎて、笑うしかなかったw

  • ひとりっ子である息子の事を考えながら読んでみたけど、私も結構、いや、かなり当てはまる!

    兄弟がいても、あまり仲良くなくて、親も割と1人ずつの欲求を満たしてくれた場合、ひとりっ子気質になるような気がする。この本を読んで。

    息子じゃん!ってとこはいっぱいあるけど、私じゃん!もいっぱい。
    要するに似たもの親子なんだろうか…
    協調性ない者同士の親子でもうまくやっていけるかなーそれなりに(^^;;

    結構面白かったので、近いところにひとりっ子のいる人、もしくはひとりっ子さんにオススメです。

  • 自分の快適な環境が保たれていれば、あとは我関せず。
    ひとりっ子独特の価値観や判断基準は兄弟姉妹がいる者にとってわかりにくいが、こういうこと。
    ひとりっ子の著者による対面取材や心理カウンセリング専門家への取材もあり、ひとりっ子を理解しやすくなる説明書。

  • ひとりっ子の頭の中。それはひとりっ子本人にも謎である。著者自身がひとりっ子という事もあり、よりリアルなひとりっ子像が書かれており、ひとりっ子の生態について納得ができる。そして、ひとりっ子あるあるネタが多く、共感できる部分も多数ある。結局、ひとりっ子とは自由人であり、個性的な変人体質の人ばかりなのだろうと私は思う。自分自身では自覚はないが本書と周りの意見を合算した結果、導き出された答えのような気がする。ひとりっ子の頭の中が知りたい方は是非、読んでみてください。あー、小山健氏のイラストが可愛い。

  • 後半はまー違う(と思っている)けど、そうだよなーと思うことばかり。悪気もないし、直す気もないし、こんな自分がとても好き。ひとりっ子っていい。

  • 納得。立ち読みで笑った。私は生粋の一人っ子だ。

  • 本書は、
    「ひとりっ子は不当な扱いを受けすぎているのではないか。」(まえがきより)
    というひとりっ子の疑問から始まるひとりっ子賛歌である。

    ひとりっ子へ取材は行っているものの、その数は特に統計的に
    有意な数ではないと思われるため当てはまる、当てはまらないといった
    正確性を本書に求めると期待が外れてしまう。しかし、
    ひとりっ子賛歌という前提で読み進めると、とても面白く読める。

    本書では「人見知り」「負ける戦いはしない」といった特性や、
    「大浴場へ皆で入るのが嫌い」「習い事が続かない」の苦手な行動を
    実例とともに紹介していく。クスリとする実例や有無を言わさぬ断言、
    時には恐縮したりと、緩急をつけて一気に読ませる。4章の
    「あの名作」は筆者が遊びたかったんだろうな、と思うと同時に
    パーソナリティを受容できているのだろうな、とも思う。
    (そもそも桃太郎はひとりっ子じゃん、というツッコミはしないことにする)

    誤解を恐れずに言えば、発達障害の子どもへの向き合い方に通じる部分がある。
    コミュニケーションが少し尖っていて苦労をする特性はあるかもしれないけど、
    それを受け入れ、踏まえて対応していくことで本人が自分自身のパーソナリティを
    確立してくためのヒント、ともとれるからである。
    「もしもお子さんの行動に首をかしげたことがあるなら、この中に、
    首がもけるほど頷ける子育てのヒントがあるかもしれません。」
    (まえがきより)

    『「私は卵焼きを食べたい。以上」なのだ。その、遠慮なく自己主張してはばからない
    姿勢自体が百歩譲って「ワガママ」だとしても、それは「相手を押さえつけるためのワガママ」
    ではなく「自分がどうしたいかのワガママ」なのである。(P.170)』
    この主張が前者の意図と受け取られてしまうことが、ひとりっ子の苦労に
    繋がっているのかもしれない。

    余談だが、自分自身は姉と妹がいる中間子なのに当てはまることがかなり多く
    「首がもけるほど」頷いてしまった。女性ばかりで趣味など話が合わないことが多く、
    結果的にひとりっ子に近いようなポジションになっていたからひとりっ子の特性が
    ついたのかもしれない、と推測している。巻末にひとりっ子VSきょうだい持ちの
    対談があったけど、きょうだい持ちも姉妹兄弟の関係性を掘り下げていくと
    また違った様相が現れるのではないだろうか。

全9件中 1 - 9件を表示

ひとりっ子の頭ん中 (中経の文庫)のその他の作品

朝井麻由美の作品

ツイートする