黙っていても人がついてくる リーダーの条件

著者 : 永松茂久
  • KADOKAWA/中経出版 (2014年10月31日発売)
3.80
  • (2)
  • (5)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :71
  • レビュー :5
  • Amazon.co.jp ・本 (237ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784046004451

黙っていても人がついてくる リーダーの条件の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • やりたいことではなくやるべきこと優先させる
    世界平和より、職場の平和を語る
    みじかにいる人を大切にする
    実践したことを語る
    語ったことは実践する
    有言実行

  • 2015.02.27〜2015.03.02
    人はメリットで動く。人が渇望するもの、それは自己重要感である。まず、これなくして人はついてこない。自己重要感とは、「認められたい」という願望。これは生まれた時から人に備わっていた大きな本能。
    優秀なリーダーとは、一人で全てをこなせる天才ではない。周りにどれだけ優秀な人がいるかがいいリーダーの条件。
    「一人でもやる」という覚悟を持っている人間はそれだけで魅力が生まれる。
    晴れた日は晴れの日を、雨の日は雨の中を。どんな時でも楽しめる人には必ず人が集まってくる。
    感情的にならないリーダーは本当に周りがついてきやすい。安定感はリーダーが周りを安心させる大きなファクター。自身が思っているより、周りはリーダーの表情やテンションを見ている。リーダーの機嫌がコロコロ変わるのは大問題。
    「リーダーなら自分の機嫌は自分でとれ」
    理念を言葉化させる。人は、夢よりも、実は意味、自分たちの存在意義をしっかりと自覚した時に自然と動きはじめる。
    リーダーが"我"を出しすぎると組織は硬直化してしまう。そうではなく、できるものは人に任せて、よいアイディアを出してきた人はみんなで褒めていく。そういう柔軟性のあるチーム作りをした方が、結果的に自分も周囲も幸せに働けるし効率的。
    よく育っている部下を持つリーダーというのは、共通してあまり細かいことを言わない。細かいことを言わないから部下がのびのび育つ。
    私感にとらわれず、全体を見て、チームにとって一番いい決定をすること。これがリーダーの役割。
    本当の愛とは部下の機嫌をとることではない。どこに行っても通用する力をつけさせることが本当のリーダーの持つべき愛である。気持ちいいことばかりを言って、人気をとる無責任なリーダーにはならないようにしなければならない。
    《リーダーとしてやってはいけないこと》
    厳しいことを言ってくれる人に感謝すること。絶対にふてくされてはダメ。誰も好き好んで言っているわけではない。リーダーとしての指導力を磨くことは大切なことだが指導してもらったことを受け入れる力をしっかり磨かないと絶対にうまくいかない。人の話を素直に受け入れられなくなったらそれはリーダー病。裸の王様に未来はない。
    スタッフの功績を自分の手柄にしないこと
    伸びようとする人の足を引っ張らない。もしくは頭を押さえつけない。
    繁盛しているお店の経営者は心から従業員に感謝しているということ、建前でなく心からスタッフのおかげと本気で思っているということ。これは成功者の共有点。こんなことを言われたら誰だってこの人の為に働きたいと思う。逆にあいつは使える、あいつは使えないと従業員を駒のように扱う経営者。もっと最悪は従業員の悪口を言う経営者。これでは誰もついてこないし、期待以上の仕事は絶対にしてくれない。従業員に感謝すれば従業員に感謝される。リーダーが他の人のことや、将来に対する愚痴や不安を言っていると、ついてくる人も夢をなくすし、賢い人は、自分も自分がいないところで他の人に悪口言われてるんだろうな。と思われる。
    社長は仕事しているアピールをした方がいい。何をしているか分からないと社長は仕事してるのか?言いたいことだけ言って仕事してないのか。となって不満が出る。そしたら人は離れるし社長の為に頑張ろうとならない。100歩譲って、遊びにいったとしても社員には全力で仕事してる、忙しいアピールをした方がいい。100歩譲ってウソでもいいからスケジュールを見える化するとか。いくら給料を払ってる側と言っても、同じ人間なのだから感情がある。社長は部下に偉そうな事言って自分だけ遊んでると思われたら、従業員はテンション下がるし、社長自身も陰で従業員から「遊んでばかりの社長」となって従業員との距離が広がっていく。
    身近な人が満足しないと必ず組織は壊れていく。
    「新規のお客さんには大きな割引なんかやって常連さんは正規料金だったりする、これっておかしい逆だよ」
    「人にチャンスをもらおうとやっきになっている若者より自分の持ち場で一生懸命人に喜んでもらっている若者の方がよっぽど魅力的だぞ。自分から会いにいくんじゃなくて口コミで広がってわざわざ人が会いに来てくれる生き方の方がカッコ良くないか?」本当に魅力的な人は、まずは自分の身近な人を大切にする。リーダーであるあなたが1番大切にすべきなのは、本業であり、来てくれるお客さんであり、共に働いてくれる仲間である。
    「こうすれば人は育つ!」ではなく、「こうすれば人は育った!」の方が説得力がある。論より証拠。

    言葉で表現した「リーダーとボスの違い」です。

    ボスは部下を追い立てる。
    リーダーは人を導く。

    ボスは権威に頼る。
    リーダーは志・善意に頼る。

    ボスは恐怖を吹き込む。
    リーダーは熱意を吹き込む。

    ボスは私という。
    リーダーはわれわれという。

    ボスは時間通りに来いという。
    リーダーは時間前にやってくる。

    ボスは失敗の責任を負わせる。
    リーダーは黙って失敗を処理する。

    ボスはやり方を胸に秘める。
    リーダーはやり方を教える。

    ボスは仕事を苦役に変える。
    リーダーは仕事をゲームに変える。

    ボスはやれという。
    リーダーはやろうという。

  • リーダーのあるべき姿について、著者の実体験を交えて分かりやすく説明された本だと思います。

    一つ一つの章に著者の強いメッセージが込められており、かつ、それほど長文でもないためその意味でも比較的読みやすい本かと思います。

    個人的には、「自己重要感の充実、つまり認められることが部下(人)の何よりの糧になることを意識する」、「部下や周囲の人を幸せにしてから、自身を幸せにするという気質・考えをもつ」、「本をたくさん読むことも一方で大切だか、何より一つの本を何度も読み返すことで本当の意味でその本の知識なりを理解・会得する」といった内容に共感しました。どれも頭では理解できてもなかなか実行できないことではありますが、少しずつでも実現できるよう日々精進していく必要性を改めて感じさせてくれた本でした。

  • 繰り返し書かれてあることは、今の時代のリーダーは、いろんなところに手を広げて事業拡大したり、いろんなところで人脈をつくってくるのではなく、まずは自分の周りのスタッフ(本著はリーダーについて特化した本なので、家族とは書かれていない。)や仲間が笑顔でやりがいをもって働ける、幸せな空間を与えられるかどうかが大切である。

    そのためには、リーダーは人を惹き付ける力を身につける必要がある。

    周りの人を活かしていくさきに、口コミが起こり、人を呼び込み、人脈をつくりにわざわざ自分から出向かなくても、むこうから自分に会いに来てくれたり、事業が拡大していく。

    絶大な影響力をもって、カリスマ的な魅力で人を惹き付けることもできるが、今必要とされているリーダーは、苦楽を共にし、自分の何歩か先を進んでいっているようなリーダーだと思う。

    永松さん著の『斎藤一人の人を動かす』を再読したばかりだったので、リーダーに特化した内容だったからか、少し薄まったように感じたけど、リーダーとしてどう考えればいいか、何が注意点なのかがわかりやすく書かれてあった。

    どんな場面でも人が二人以上集まれば、リーダーが必要になる。ということは、誰でもリーダーになる可能性があるということ。リーダーだからこうしなさいとか、こう考えればいいよとかではなく、全ての人に参考になる考え方だと感じた。

  • 【No.232】「能力の高い人間たちが集まるから少数精鋭ではない。少ない人数でチャレンジしていくことによって、その少数が精鋭になる」「みんなで力を合わせて、というスタンスも素敵だなと思うが、一人でもやる、という覚悟を持ってことに臨んでいる人の方に惹きつけられる。覚悟がある人間には、それだけで魅力が生まれる」「生き方をはっきりとさせるということは、同時に別れを覚悟する必要がある。しかし別れがあれば、次の出会いがある。そして次に出会う人、それはともに歩む仲間」「成功や成長にショートカットなどない。人の成長は、やはり、どれだけチャレンジし、失敗をおかし、その中から自分なりの成功のエキスを見つけ出したかによる」「残念ながら、世の中は結果が大事。人は結果を出した人の話を聞きたいもの」「やるしかない、じゃないと次に進めない」

全5件中 1 - 5件を表示

黙っていても人がついてくる リーダーの条件のその他の作品

永松茂久の作品

黙っていても人がついてくる リーダーの条件に関連する談話室の質問

ツイートする