戦略は「1杯のコーヒー」から学べ! (ビジネス・経済)

著者 :
  • KADOKAWA/中経出版
3.74
  • (30)
  • (58)
  • (41)
  • (8)
  • (3)
本棚登録 : 517
レビュー : 64
  • Amazon.co.jp ・本 (254ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784046005755

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 20180513

  • ひょんなことからコーヒー会社に入ったさくら。ズブの素人の彼女が、ライバル社に勝つために様々な角度から戦略を立てることを命じられる。そのための勉強を通じて、読者もコーヒーやコーヒー業界についてともに学ぶことになるのである。
    スターバックス、セブン-イレブン、マクドナルド、ドトールなどなどの事例がわかりやすく整頓されていて、「あの商品はそういう背景でできたのか」「あのキャンペーンはそういう効果をもたらしたのか」と、振り返りつつ楽しく読めた。

  • ドリームコーヒーという架空のコーヒーショップを
    最高のコーヒーショップにするために何をすればよいか?
    そのステップごとに実在の企業戦略の事例を紹介している、
    企業戦略事例紹介本です。

    小説自体面白く、読み進めて行く中で飽きることも無く、
    あっという間に読み終えてしまいました。
    事例についても図表を使って分かりやすく紹介されており、
    他社の良いところを勉強するにはうってつけの本です。

    【勉強になったこと】
    ・既存サービスから新しいサービスを起こす際に検討すべき
     4つのアクション
     ①何を付け加えるのか
     ②何を増やすのか
     ③何を取り除くのか
     ④何を減らすのか
     上記4つを見直すことで、何が変わるのか?を考えること。

    ・お客さまへの価値を提供するにあたり、
     真っ先に考えるべきことは「自社らしさ」
     自社の特徴を考え抜き、それを基にお客さまへの
     付加価値を考えて行くというステップが大切。
     具体的な流れとしては、
      ①自社ならではの強みは何か?
      ②その強みを必要とするお客さまは誰か?
      ③そのお客さまが必要としていることは何か?
      ④そのお客さまに自社を採用してもらうためには、
       何をすればよいか?

    ・練り上げた戦略であっても失敗する可能性はある。
     だからこそ、しかけるタイミングを誤ってはいけない。
     そのタイミングを見逃さないためにも、
     お客さまのニーズやスキルセットを常に追いかけること。

    ・企業の目的は社会貢献である。
     そして社会貢献を継続するために利益が必要となる。

    ・ブランドスパークスとは、
     過度な売り込みをせず、文化や人道的な問題に絡めて、
     巧みに人々の心に訴えかけるマーケティング手法のこと。

  • 前作は自分が属するIT業界が舞台ということで、とても馴染み易かったのですけど、今回はコーヒー業界、物語に入り込めるかがやや不安もありましたが、全く持って心配無用、あっと言う間にコーヒー業界の一員(まぁ、さくらと同じレベルですが^^;)となり、ワクワクしながら一気に通読、戦略についての言説も事例による噛み砕いた説明があり、とても分かり易かった。
    とりわけ印象に残ったのが、藤岡が「そもそも製品とは、3つのレベルから成り立っている。『中核』『実態』『製品の付加機能』だ」と言い放つことから始まった議論、ここでの考え方のフレームワークはとても有用そうです。
    高津珈琲の反撃はどうなるのでしょうか、またまた次回作がとても楽しみです。

  • 気になるタイトル。この著者はどの著書も人を引きつけるキャッチーなタイトルぞろいです。
    10のストーリー仕立てのマーケティング解説本。
    主人公の会社、ドリームコーヒーはフィクションですが、ライバル会社は外資系のスタバ、異業種のセブン、マクドナルド、ドトールの価格競争、最大手ネスレなど、実際にある会社が目白押しです。

    「キャッシュカウ」という専門用語を知りました。お金を生む牝牛、つまり儲けられる一品という意味だそうです。
    ちなみにマックのキャッシュカウはビッグマックだそう。

    今ではカフェだけでなく、コンビニでもレギュラーコーヒーが飲めるようになり、まさにコーヒー戦国時代。
    珈琲ブームに乗った最近の流れのようですが、セブン-イレブンは1980年前半に店頭でコーヒーを出し始めてから、その後30年以上にわたって店内でのコーヒー販売に挑戦し続け、ようやく最近になって大々的な実施にこぎつけたのだそう。
    長期的で地道な努力を重ねたからこそ、大きく成功したのでしょう。

    コーヒーのセカンドウェーブは、スターバックス。
    主義は「こうあるべきだ」。
    サードウェーブは、ブルーボトル。
    主義は「明日は今日よりもよくなる」だと、特徴の違いも明示されています。

    ビジネス用語はややこしいですが、サステナビリティ(持続可能性)を考えてトレサビリティ(品質管理の見える化)を実践することが大切だ、ということはわかりました。

    サラッと気軽に読めるビジネス戦略本です。

  • 翻訳モノの経営書が好きなおっさんたちから見れば幼稚な内容に見えるだろうが、戦略のエッセンスというのは別に難しいことではない。コーヒーという商品を各社がどのように売ろうとしているのか、なかなか興味深く読めた。

  • 戦略方法に興味があり、読んだ。
    とっても面白く手軽に読めたので、良い本だった。
    こういう売り方は、こんな仕掛けがあったのか!という発見もあって、知識が増えてうれしい。

  • ライトノベルだと思えば読める。
    人物へ深追いしすぎないのも個人的には好感。

    基本のテーマは「強み」。

    経営についても浅く広く。
    「深さ」を求めるなら個々の企業の本を探すべき。

  • 各種マーケティング戦略を小説仕立てで学べるみたいな本。コーヒーチェーンが舞台で様々な問題が発生するも、主人公達がマーケティングの手法を用いて乗り越えていく、みたいな話。ザックリと読めるし、コーヒー業界が行ってきた過去の様々な戦略を把握出来、かつその手法は他の業種へも充分に応用可能なので、マーケティングの事が知りたい人は読んでみるのをオススメします。

  • マーケティングの本。

全64件中 1 - 10件を表示

プロフィール

マーケティング戦略アドバイザー。1984年に慶應義塾大学工学部を卒業後、日本IBMに入社。マーケティングマネージャーとして事業戦略策定と実施を担当、さらに人材育成責任者として人材育成戦略策定と実施を担当し、同社ソフトウェア事業の成長を支える。2013年に日本IBMを退社して独立。マーケティング思考を日本に根付かせることを目的に、ウォンツアンドバリュー株式会社を設立して代表取締役に就任。専門用語を使わずにわかりやすい言葉でマーケティングの本質を伝えることをモットーとし、製造業・サービス業・流通業・金融業・公共団体など、幅広い企業や団体を対象に、年間数十件の講演やワークショップ研修を実施。著書に『100円のコーラを1000円で売る方法』(KADOKAWA )などがある。

戦略は「1杯のコーヒー」から学べ! (ビジネス・経済)のその他の作品

永井孝尚の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
リンダ グラット...
佐々木 圭一
伊賀 泰代
有効な右矢印 無効な右矢印

戦略は「1杯のコーヒー」から学べ! (ビジネス・経済)を本棚に登録しているひと

ツイートする