逆境を越えて 宅急便の父 小倉昌男伝

著者 :
  • KADOKAWA/中経出版
4.50
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :23
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784046005762

作品紹介・あらすじ

小倉昌男の生き様を「革新者」という視点から活写。内外に困難を抱えつつも宅急便という“インフラ事業”を築きあげていった男の真の姿を、時代の流れや対抗勢力も含めた関係者の取材も通して浮き彫りにする。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ヤマト運輸を一躍有名にして、かつ仕事の為なら喧嘩も厭わない。そんなイメージの経営者にスポットを当てた一冊。これを読むまでは、あまり良いイメージを持っていなかった経営者像でしたが、本書を読んでみてその印象も変わりました。

    一般に「成功者」と言われる人たちは、その華やかな部分に目が行きがちですが、その裏では知りえない様々な苦労も。

    この書籍は、そんな表裏を隠さず書かれた内容で、読んで損はない感想です。また、著者の書き方の上手さも忘れてはならないです。

  • 小倉昌男
    都筑幹彦 明るく開放的 小倉をフォロー

    鶴真吾 大株主
    経営不振のひとつが資本不足 鶴が持株比率が下がる増資に賛成せず

    佐川清 新潟県中頸城郡板倉町

    戦前 三越の配送

    南原繁 東大の図書館 関東大震災後アメリカの大富豪ロックフェラーの寄付によってできた 世界各地の文献が集められていると説明し、軍施設の転用を許さず

    戦後食糧難 サッカリンを密造

    結核で胸郭形成術

    有楽町で逢いましょう 大阪のそごうが有楽町進出で、キャンペーンソング

    サービスが先、利益はあと

    加藤房雄 札幌に営業所開設

    興部町の西川係長が、札幌にいけば個人でも本州に早く届けてくれる宅配便があると聞いて8時間かけて、新巻き鮭100本もってくる

    マックス・ヴェーバー リーダの3つの条件 情熱、責任感、判断力

    ウォークスルー車
    引っ越しらくらくパック
    クール宅急便

    ヤマトのドライバーの給料 7割が、人柄、人間性、周りの評価で決まる固定給、3割がインセンティブとよばれる歩合給

    ヤマト福祉事業団の創設

    広島 タカキベーカリー アンデルセン、リトルマーメイド

    スワンベーカリー銀座店
    十条店 村木厚子氏へ宅配

    2005/6/30 娘のいるロサンゼルスで永眠

全2件中 1 - 2件を表示

逆境を越えて 宅急便の父 小倉昌男伝のその他の作品

山岡淳一郎の作品

逆境を越えて 宅急便の父 小倉昌男伝はこんな本です

ツイートする