どんな問題も「チーム」で解決する ANAの口ぐせ (単行本)

  • KADOKAWA/中経出版 (2014年7月1日発売)
3.42
  • (15)
  • (32)
  • (39)
  • (15)
  • (2)
  • 393人登録
  • 44レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (223ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784046006028

どんな問題も「チーム」で解決する ANAの口ぐせ (単行本)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • チームとして品質、サービス、安全といった顧客満足が追及され、育まれるしかけと意識があることを感じた。
    ダブルチェックのリスクや手順書作成のきもなど、参考になった。
    一方で、自らの組織を振り返ると、ひとことの声掛けやグッドジョブ・カードなどは、まだまだ根付きそうにない。強力かつ粘り強い意識改革の必要性も感じた。
    14-181

  • マナーの本とか敬語とか色々読んだけど
    いまいちピンとこなくて
    色んな繋がりがあってこの本を読んだけど
    あー、ビジネス目線で品格を学ぶのが1番しっくりくるな。
    ってゆー素敵な気づきをくれた一冊。
    実際にANAのチーム力は凄まじくて
    現代の社会で失われてしまった
    協力とかあたたかいおせっかいとか大切なことを思い出せる。
    迷惑ではないのは集団全員が一つの目標に向かっているから。
    目指すべきところが同じなら個人の行動も力強さと優しさを増す
    そんな企業としても社会としても目指すべきチーム力。
    それは夫婦にも家族にも友達でも同じだな。
    きちんと自分のものにしていきたい。

  • 「安全な飛行」「顧客満足の追求」というミッションのもとに、ANAがどうチームで仕事をしているかを示す本。
    全般的に、人は面倒くさがりでミスをするものだ、という前提のもとに「やりやすい場所」をどう作っていくか、という観点があるようだ。
    また目的、ミッションが明確であり、権威勾配がきちんとある(各自が役割を遂行する)ことが円滑な業務につながっているのだと思う。なるほどなーと思うことも結構あった。
    以下気づいたこと

    ・チェックはセルフチェックのほうが気をつけるからダブルチェックより良い(たしかに!)

    ・注意ではなく「したほうがよくなるよ」、また理由を聞く
    ・いいことはみんなの前、アドバイスは個別に
    ・観察して、想像力を働かせて、尋ねてみる。

    ・エラー0はありえない
    ・エラーは防ぐのではなく、コントロールする。指差呼称は大事
    ・失敗のヒアリングはリラックスさせるようにする

    ・マニュアルは書いて、試してもらって、直す。作業者もつくる人

    ・片付けるしくみをつくる
    ・信頼は当たり前の積み重ね
    ・5分前精神(うう難しい)
    ・お客様が身内だったらしてあげたいことをする

  • 新しい発見が数多くあった。
    当たり前のことばかりだけれど、考え方を改めさせる事柄も数多くあった。 勝手にこれが正しいんだと、思い込んでいたこともあった。
    なんとなくわかっていたけれど、その正体が分かったこともある。
    最後に自分自身に向けて言うとすれば、実行するのは全く別次元のこと。私がこの本を活用できるとすれば、真摯であれということかな。
    また時間をおいて、読んでみて、自分の進歩を確認してみたい本だ。

  • 気付いたことは気付いた瞬間に口にする
    ○○した方がもっとよくなる
    匿名、誰→何

  • お客様のためを思いおせっかいをする。お客様と考えるのは、お金を払うお客様だけでなく、社内のほかのスタッフも。お互いを尊重し、気づいたことは間違っていても確認する。大切な心がけだと感じた。

  • 広報、安全、接遇、チームワーク(他職種連携)といった観点で以前から気になっている企業であるANAさんについて知りたいと思いましてANAさんに関連する本を数冊購入したうちで最初に読んだのがこの本でした。
    4ページ程度でヒトネタが完結するので、持ち歩いてちょっとした空き時間ができたときに読むにはちょうどよい本でした。
    一つ一つのネタがあっさりしていながら味わい深く、ますますANAさんに興味がわきました。
    でも、航空機に乗る機会がとても少ないのが残念なところです。
    付箋は21枚付きました。

  • PHRASE24は看護学生にも伝えたい言葉です。

  • ビジネスの基本を、ANAの中ではどうしている・・・という視点で書かれてる。
    ANAの業績回復の要因は、現場レベルでは決して特別なことをやったわけではなく、基本的なことを徹底して見直し、そしてそれを継続すること…だったということか。
    ”あいさつをする・身だしなみを整える・メモを取る…「当たり前のことほど真剣に」”こういったことを、知らず知らずないがしろにし、仕事の上での信頼を崩しているんだ、と痛感させられる。
    仕事の成果にミラクルはなく、基本をいかに忘れず、そして積み重ねることが大切だと思い起こす人もいるかもしれない。
    少し、慣れやルーティンに陥り、成果を出せないと悩んでいるビジネスマンにはオススメしたい。

  • 航空会社のANAが現在までに成長してきた人材開発や組織運営のノウハウについて書いた一冊。

    読んでいて当然と思える事柄が多いですが、それを仕組みとして取り入れたり、組織として末端まで考えが浸透するまで徹底しているところは以前書籍で読んだことのあるスターバックスや無印良品と通じるところがあると感じました。

    ただそんななかでも失敗に対する考え方など人間の本質に基づいて、業務をどう円滑に進めていくかを考えていくあたりはすごく勉強になりました。

    組織としてどれだけ自分以外のお客様や社員の人に貢献できるかを考えて仕事をしていくことが、今のANAの成功に繋がっていてまた自分自身を成長させることでもあると感じました。
    おせっかいと言われるくらいに相手のことを考えている同社、9.11や東日本大震災などにも負けずにここまで来られた理由が本書を読んで深く理解できました。

全44件中 1 - 10件を表示

どんな問題も「チーム」で解決する ANAの口ぐせ (単行本)のその他の作品

ANAビジネスソリューションの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊賀 泰代
デイル ドーテン
OJTソリューシ...
有効な右矢印 無効な右矢印

どんな問題も「チーム」で解決する ANAの口ぐせ (単行本)を本棚に登録しているひと

ツイートする