タニアの大切なものと長くつきあう暮らし

著者 :
  • KADOKAWA/中経出版
3.33
  • (1)
  • (5)
  • (7)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 53
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (142ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784046009289

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 丸善 丸の内店 2Fのライフスタイルコーナーの前段に平積みされていて、ちょっと幸せな気分になった。12月22日、仕事帰りに寄って購入。タニアさんの本の何が好きかというと楽譜の譜面のような雰囲気を感じさせる文章と写真かなあ。僕を愉しい気分にさせる何かがあるんだよなあ。

  • 絵を飾りたくなる。
    こういう本を読むと思うのは、こういうちょっといいな、と思う毎日を過ごす人たちはものを多く持たないが厳選していいものを持っているということ。

  • 2015-134
    それぞれのものとのストーリーを大切にすることが、ものと長くつきあっていくってことかな。

  • タニアさんの暮らしを垣間見れた。こんな暮らしは素敵だけど私はまだ早いかな、もっとグレードを下げたミニマムな暮らしがいい。自分の生活を見直しながら読んだ。

  • これにならって、絵を色々変えてみた。まだ初心者で、額縁に凝ったりは怖くて挑戦できないんだけど。

  • 多仁亜さんの私生活をちょこっと覗くことができる。
    物と付き合い方を見習いたいと思います。

  • シンプルに暮らしをととのえたくなった。

全7件中 1 - 7件を表示

プロフィール

1966年、神戸生まれ。ドイツ人の母、日本人の父を持ち、ドイツ、日本、アメリカで育つ。国際基督教大学を卒業後、外資系証券会社に入社。東京、ロンドン、香港で勤務する。結婚後、夫の留学のために再びロンドンへ。長年興味のあった料理とお菓子を学ぶためにコルドンブルーへ入りグランディプロムを取得する。帰国後、料理教室をはじめる。現在は、鹿児島県・鹿屋市(かのやし)に家を持ち、東京、鹿児島、ドイツを行き来する日々。テレビや雑誌などでドイツのライフスタイルを紹介する仕事をするかたわら、内閣官房「暮らしの質向上検討会」の委員も務める。著書に『ドイツ式 暮らしがシンプルになる習慣』『タニアのドイツ式部屋づくり』『タニアのドイツ式整理術・完全版 もの・情報・時間の持ち方・しまい方・考え方』など多数。http://www.tania.jp/

タニアの大切なものと長くつきあう暮らしのその他の作品

門倉多仁亜の作品

ツイートする