原発再稼働で日本は大復活する!

著者 :
  • KADOKAWA/中経出版
4.33
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 17
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (254ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784046009463

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 三叉の鉾 キエフ・ルーシ大公国の家紋
    キエフ・ルーシ大公国 ロシア、ウクライナ、ベラルーシの東スラブ人の共通の祖国 
    ベラルーシ(白ロシア、西方のロシア)
    ルーシ民族(スラブ民族)
    ウクライナ 辺境という意味
    8-10世紀 バイキングが欧州を席巻 バイキングをスラブ人はヴァリャーグ人と読んだ
    14-15世紀 ウクライナ・コサック トルコ語で群れから離れたもの、放浪者 当時のコサックがキエフ・ルーシを引き継ぐ、ルーツ
    ウクライナ・コサック 16-17世紀 神聖ローマ帝国の傭兵
    ロシア人とウクライナ人はお互い相容れない
    ウクライナ国の紙幣にはロシアと戦ったフメリニツキーとマゼーパが書かれている

    「誰かを敵として定め、大衆を敵に対する攻撃に参加させることで思考停止状態に陥らせ、自らの権力を高める」全体主義の政府が得意とした手法

    コンバインドサイクル発電 中部電力上越発電所 熱効率58.5% ガソリン車は10数%、ハイブリッド車でも30%弱

    天然ガスは無臭。ガス漏れがわかるように匂いがつけられた

    天然ガスはほとんどパイプライン取引 LNGは10%
    日本の原油輸入先は中東にかたよる 天然ガスはマレーシア、オーストラリア、インドネシア、カタール、ロシア、ブルネイ、UAE、オマーン

    LNG 日本、韓国、台湾で50%輸入
    日本の輸入依存度 14.7%

    LNG 簡易構造の気化プラント、複雑な液化プラント
    マイナス162度

    天然ガス輸入価格 高騰
    長期契約で安いこともあった

    パナマ運河 最大幅32m 大型LNGタンカー通過できない
    2016拡張工事 49m

    LNG基地 東京電力富津

    カタール GDP 1250億ドル その1/4は日本へのLNG

  • 提灯持ちが一人。。。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

経世論研究所・所長。1969年生まれ。東京都立大学(現・首都大学東京)経済学部卒業。外資系IT企業等数社に勤務した後、中小企業診断士として独立。大手インターネット掲示板での、韓国経済に対する詳細な分析が話題を呼び、2007年に『本当はヤバイ! 韓国経済』(彩図社)を出版、ベストセラーとなる。以後、立て続けに話題作を生み出し続けている。データに基づいた経済理論が高い評価を得ており、デフレ脱却のための公共投資推進、反増税、反TPPの理論的支柱として注目されている。著書に『超・技術革命で世界最強となる日本』『第4次産業革命』『今や世界5位 「移民受け入れ大国」日本の末路』(以上、徳間書店)、『財務省が日本を滅ぼす』(小学館)、『生産性向上だけを考えれば日本経済は大復活するシンギュラリティの時代へ』(彩図社)など多数。

「2017年 『2018年 戦争へ向かう世界 日本経済のラストチャンス』 で使われていた紹介文から引用しています。」

原発再稼働で日本は大復活する!のその他の作品

三橋貴明の作品

ツイートする