おやじダイエット部の野望 80kg台から20kg減に! 「糖質制限」を続けて健康と痩身を手に入れた中年男たちの物語

著者 :
  • KADOKAWA/中経出版
3.67
  • (1)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 21
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (247ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784046009586

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • テーマが整理された章立てのため、前作の「・・奇跡」よりも訴えてくるものが伝わった。
    また、前作では伝わってこなかった、糖質制限食が毎食の糖質量を約20gとするものであること、その意味あいも理解しやすかった。
    麺類や丼もの、カレーなど、手軽かつ食べたいものと決別するほどの健康面の問題を実感していないので、なんちゃっての夕食主食抜きのプチ糖質制限か、せいぜい昼食も主食抜きのスタンダード糖質制限程度だとは思うが、カミさんの理解と協力を仰ぎながら取り組んでみたいと思う。
    ただ、120㎏オーバーの人が30㎏減量に成功しても90㎏オーバーの肥満では?というような成功例には違和感を感じたし、失敗したor効果がなかった事例にもアンテナを立てておきたいと思った。
    15-3

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

ノンフィクション作家。学習院大学法学部卒業後、雑誌記者を経てフリーランスに。旅行、ホテル業界を中心に雑誌記事、書籍を47冊執筆。10月に『軽井沢の歴史と文学』(吉村祐美との共著)も刊行。取材を通じて澤田秀雄氏と知り合う。本書は、桐山氏が澤田氏へのインタビューによって経営を分析する形でスタートした。取材途上の2016年2月、滞在先のホテルで62歳で死去。

「2017年 『変な経営論 澤田秀雄インタビュー』 で使われていた紹介文から引用しています。」

おやじダイエット部の野望 80kg台から20kg減に! 「糖質制限」を続けて健康と痩身を手に入れた中年男たちの物語のその他の作品

桐山秀樹の作品

ツイートする