儲ける社長のPDCAのまわし方

著者 : 小山昇
  • KADOKAWA/中経出版 (2015年6月12日発売)
3.33
  • (1)
  • (4)
  • (1)
  • (3)
  • (0)
  • 本棚登録 :69
  • レビュー :6
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784046010018

作品紹介・あらすじ

500社以上の企業を増収増益へと導いているカリスマ経営コンサルタントの著者が、中小企業の経営者に向けて具体的な事例を交えながら、増収増益につながる効果的なPDCAの回し方について解説する。

儲ける社長のPDCAのまわし方の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • D3

  • 単なるPDCAの解説ではなく、様々な事例を紹介されており、実践する上で参考になることが多い。

  • 仕事上、「PDCA」はよく聞くワードです。
    「計画→実行→チェック→改善」のサイクルを回すこと。

    しかしながら、計画と実行はできても、
    やりっぱなしで、チェックや改善ができない。

    わかっているけどなかなかできない。。。
    といった人が多いのではないかと思います。


    本日ご紹介する本は、
    会社レベルで、PDCAを回すことで
    会社自体を強くする考え方が書かれた1冊。

    ポイントは
    「D」

    この計画でやれば必ず成功するというような
    100%の計画を立てる必要はありません。
    完璧を100%とすると、10%でいいから計画を立て、まず行動を起こすことが重要。

    はじめから完璧な計画を立てようとしても、
    やってみると必ずギャップは出てきます。



    「チェック」
    チェックは「実行したか、していないか」の確認であって、
    成果がでたかどうかのチェックではありません。

    もちろん、目標を達成することが目的ですが、
    目標によっては、自分がコントロールできない要素がある場合、
    やるべきことをやっても達成できないこともあります。

    まずは、やるべきことができているのか、できていないのか
    を客観的にチェックすること。


    人は信用しても、人がやった仕事は信用してはいけません。

    ぜひ、読んでみてください。

    ◆本から得た気づき◆
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    はじめから完璧な計画を立てようとしても、必ずギャップは出てくる。結果を見て対策を立てればいい
    整理整頓は誰にでもできる。だからこそPDCAを回す練習になる 
    完璧な計画を100点としたら、10点レベルの計画で大丈夫
    「体験がない社員」にいくらプランを考えさせても、できるようにはならない
    「いやいや」でも「仕方なく」でもいいから、とにかく社員が「やる」仕組みが大切
    「社長」がチェックをしなければ、それは「やらなくてよい」と同じ
    チェックは「実行したか、していないか」の確認であって、成果がでたかどうかのチェックではない
    仕事の管理で大事なのは、始める時間と終わりの時間を決めること
    人は信用してもいいが、仕事は信用してはいけない
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    ◆目次◆
    第1章 「PDCA」が回る会社をつくることを決定する
    第2章 「PDCA」は、「D」から回すことを決定する
    第3章 会議の「フォーマット化」を決定する
    第4章 コミュニケーションの「PDCA」を回すことを決定する
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  • ・PDCAサイクルとは、計画から見直しまでを一貫して行い、さらにそれを次の計画・事業に生かそうという考え方のこと。P:仮説を立てて計画する D:仮説をもとに計画通りに実行する C:仮説通りの結果が出たかを検証する A:検証の結果、仮説通りなら継続する。仮説と違っていれば、改善する(新しい計画をつくり直す)

    ・計画はデタラメに立てていい・・・最初から完璧な計画を立てようとしても、必ず市場ニーズとのギャップは出てくる。だとすれば、最初は仮説としての計画をデタラメに立て、その仮説に基づいて実行し、結果を見てそのあとで対策を練ればいい。社長の一番大切な仕事は「差」を埋める対策を練ること。

    ・「良いこと」よりも「成果が出ること」を決める…「良いこと」だからといって、結果が出るとは限らない。

    ・仕事とプライベートはコインの裏表。プライベートに悩みを抱えている社員は、仕事も絶対にうまくいかない。

  • 新着図書コーナー展示は、2週間です。通常の配架場所は、3階開架 請求記号:336//Ko97

全6件中 1 - 6件を表示

儲ける社長のPDCAのまわし方のその他の作品

小山昇の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デール カーネギ...
ハロルド・ジェニ...
冨田 和成
川原慎也
有効な右矢印 無効な右矢印

儲ける社長のPDCAのまわし方はこんな本です

ツイートする