たった3つのクセを直せば人生がうまくいく (中経の文庫)

著者 :
  • KADOKAWA/中経出版
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 23
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (165ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784046010926

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ● 考え方=思考には2通りしかない
    わるい思考とよい思考
    わるい思考のクセを減らして、よい思考のクセを増やす

    ● よい思考のメリット
    1 成長できる
    2 潜在能力を発揮できる
    3 ストレスがなくなる

    ● 自分への戒め
    ものごとを先送りするのは、将来の自分に借金を負わせるのと同じこと

    ● 3つの思考負債 ①
    外部要因思考=自分以外の外部のせいにしている
    内部要因思考に変える
    内部=自分のせいだと考える
    例)予想外だ→事前に想定しておく
    例)どうしてできない?→わかるように説明する

    ● 3つの思考負債 ②
    言い訳思考=言い訳ばかりで行動しない
    工夫行動思考に変える
    生まれつき企業をしたことがあるビジネスマン、子供を産む前に子育てをしたことがある女性なんていない
    例)やったことがない→経験がなくてもやってみる
    例)調子が悪い→調子はいつも同じ。自分で調整できる

    ● 3つの思考負債 ③
    思考停止=自分で限界を低くしている
    思考発展すること
    自分よりもできている人をみつけ、自分を客観視して高める
    忙しいときでも新しい仕事をやってみる
    大統領や大企業の経営者より忙しい訳がない
    超多忙な人ほど運動して体力をつけたり、リフレッシュするためにしっかりと休暇をとっている
    例)疲れた→どれだけの仕事をやったのか?
    例)頭が回らない→いまできることをする(単純作業など)
    例)もう無理→もう少しだけやってみる
    例)厳しい→これができれば成長する
    例)どうせうまくいかない→やってみなければわからない

    ● 脳は本来怠け者であり、楽をしたがるようにできている
    脳にやる気を起こさせるための工夫が必要
    それには小さな習慣
    家の中を整理するなど、しょぼい習慣をしてみる
    短時間で終わる作業を連続してすると、脳が適度な興奮状態になる

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

レバレッジコンサルティング株式会社代表取締役。シティバンクなどの外資系企業を経て、バックスグループの経営に参画し、常務取締役としてJASDAQ上場に導く。現在は、日米のベンチャー企業への投資育成事業を行う。 ハワイ、東京に拠点を構え、年の半分をハワイ、3ヶ月を日本、2ヶ月をヨーロッパ、1ヶ月をオセアニア・アジア等の国を旅しながら、仕事と遊びの垣根のないライフスタイルを送る。これまで訪れた国は50ヶ国を超える。 著書に、レバレッジシリーズをはじめ、「脱東京 仕事と遊びの垣根をなくす、あたらしい移住」等があり、著書累計250万部を突破し、韓国・台湾・中国で翻訳版も発売。

「2016年 『何を捨て何を残すかで人生は決まる』 で使われていた紹介文から引用しています。」

たった3つのクセを直せば人生がうまくいく (中経の文庫)のその他の作品

本田直之の作品

ツイートする