上質な人はシンプルに暮らす

著者 :
  • KADOKAWA/中経出版
2.89
  • (1)
  • (1)
  • (4)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 33
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (189ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784046011503

作品紹介・あらすじ

パリスタイルを得意とするインテリアデザイナーが、20年間、顧客セレブリティに接する中で学んだこと。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 全体的に、これってシンプルというのか?というものが多かったのですが…
    でも、ほとんどが共感できることばかり。
    謝礼等をさっとお渡しするための封筒について、
    「和の絵柄を見て、季節を読み解けるかどうかも、日本人としての教養の一つなのかもしれません(p71)」とあり、どきり。
    そういうのちゃんと意識したことなかったなー。

    整理整頓ハウツー本を否定されていましたが
    だいたい言いたいことはこんまりの本と被っている気もしました。

  • *シンプルとは、物を持たないことでなく、価値観に迷いがないこと。パリスタイルを得意とするインテリアデザイナーが、20年間顧客セレブリティに接する中で学んだ、満たされて生きるためのヒントの詰まった1冊*

    それこそシンプルで上品な表紙に魅かれて借りてみたものの…違和感と言うか、釈然としない読後感。「満たされた生活」とは日常の中にこそあり、その日々を丁寧に、確固たる価値観を持って生きていくーと言う大筋には賛同ですが、どうも所々鼻につき過ぎて。夫に相談もなく天蓋付きのベッドを置く妻、サロンコンサートの為に弾きもしないグランドピアノを購入する人、救急車を呼ぶ緊急時に香水を持ってこさせる姑…この方々を褒めちぎっている時点で、庶民には合わないなと。顧客がセレブばかりなので、当たり前か。良いことも書いてはありますが、この程度なら他にいくらでも類似本があります。

  • 【No.274】「シンプルとは、モノを持たないということではなく、価値観がはっきりしていて、迷いが少ないということ」「上質な人生を生きている人は、周りの意見に左右されることなく、ご自身のポリシーや意見を持っています。つまり、”ブレはない”のです」「”お付き合い”だからと、やりたくもないことに時間をさいたり、行きたくもないのに行ったり、そのようなライフスタイルは貴重な時間とお金の無駄だと思っています。気の進まない誘いは、スマートに相手を傷つけない断り方をしています」「”整理整頓”のレベルを早めに卒業して、”見せるインテリア”にこだわるレベルへステップアップすることが、上質な暮らしへの近道」

  • 細見貴子さんの「上質な人はシンプルに暮らす」、2015.3発行です。著者はインテリアデザイナーだそうです。上質な本だと思います。納得・同感することが多かったです。読メの友達の方々もきっと同感される方が多いと思います。女性を主対象にした作品と思いますが、かなりの部分は男女共通と思います。シンプルで迷いのない価値観、上質に生きる人の作法、季節をいつくしんで過ごす、そばに置くのは本当に好きなものだけ、知性を深める時間を持つ、エレガントなたたずまいで の6つの章立てです。「本当の満たされた生活は、非日常ではなく日常の中にある。」そうありたいです(^-^)

全4件中 1 - 4件を表示

上質な人はシンプルに暮らすのその他の作品

細見貴子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村田 沙耶香
桜木 紫乃
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする