大学4年間の経済学が10時間でざっと学べる

著者 :
  • KADOKAWA/中経出版
2.86
  • (9)
  • (23)
  • (65)
  • (38)
  • (12)
本棚登録 : 1403
レビュー : 82
  • Amazon.co.jp ・本 (239ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784046011688

作品紹介・あらすじ

「難しい」といわれる経済学ですが、本当に必要な知識は、10時間もあれば復習できます。経済学部だった人は「復習」として。「経済のニュースがわからない……」という人の最初の1冊として。超オトクな1冊!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 『そもそも経済学とは、何を考える学問なのでしょう。

    ひと言でいえば、「さまざまな人や組織(=経済主体。家計、企業、政府など)が市場でモノ(=財、サービス)やお金を交換しあう行動(=経済活動)を、ある仮説をもとにモデル化し、シンプルかつ理論的に説明しようとする学問」です。

    経済学は、経済主体が経済的に合理的な行動をすると想定しています。平たくいえば、「人は常に正しく損得を計算して行動するだろう」ということ。』

    この人間原理に反した理論を出発点にするところが苦手なんだよね〜。結局、仮説と因果関係の学問だからつまらなくて吐き気がする。

    そこをぐっと堪えて次に進もうと思う。

    まぁ、コンパクトにまとまっていて概要の理解にはちょうど良い。私の経済学アレルギーが悪いだけで、この本は悪くない。

  • ざっとがポイント。
    通して聴く。

    FeBeという聴く読書アプリを使い始めた。
    第一弾がこの本。
    本なら読み通せないこうした本も
    合間時間に聴くことで、
    聴き終えることができた。
    経済学の本なので、
    数式が出てきて
    そこは聴いてもよく認識できないが。
    読んでも数学は苦手なので、
    記憶に残らないが。
    ともかくも
    聴く読書というスタイルは
    読書量を増やす良い方法だ。

    囚人のジレンマという話がおもしろかった。
    経済学は人が合理的に判断し、
    行動することを前提としている。
    相手の行動を想像することで、
    行動を決定する。
    なので、お互いが相手の合理的行動を
    前提に行動すると、
    結果的には損をしてしまうというジレンマだ。

    網羅的な本なので、
    記憶に残る部分は少ないが、
    経済学を全体を通して
    一応聞きかじることができたことが成果。

  • オーディオブックで聞きました。
    これをオーディオブックで聞くのは、無理があったかも。
    図、グラフなどを見ながら読みたい。

  • 元東大教授の著者が経済学の基本について解りやすく書いた一冊。

    マクロ経済とミクロ経済の理論がほとんどが見開き形式で解りやすく書かれていました。図解も多く、曲線から最適値を出す理論についても多く書かれており勉強になりました。
    やや説明が早足な面があるところは否めませんでしたが、見開きになっているので区切りやすく読みやすい印象を持ちました。

    何冊か経済学の著書は読んできましたが、本書は表題通りざっくりとした知識は身に付くと感じました。この本だけで理解するのではなく、何冊か会わせて読むと違った視点もあり理解が深まると感じました。

  • マクロ経済学とミクロ経済学をざっと復習できてよかった

  • ちょっと期待はずれかな

  • 途中で止めた

  • 経済学の講義を履修している際に教科書と併用して使っていました。本書はシンプルで分かりやすいですが、やはり細かいところを触れたいなら適切な本ではないです。

  • 題名どおり、経済学の全体像を「ざっと」知るにはよいかもしれないが、はしょりすぎというか、説明不足感は否めず、通読しても本当に経済学を理解したという気にはならなかった。

  • ・題目の通り、大学で学ぶ経済が短時間で学べる。
    ・ミクロ/マクロ経済学について、平易な解説で記載。
    ・ただ、時間の少ない社会人が10時間もかけて読むものではない。1-2時間で要点だけ押さえれば十分。

全82件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

東京大学大学院経済学研究科教授。1952年、岡山県生まれ。東京大学経済学部卒業、ジョンズ・ホプキンス大学博士号取得。東京都立大学経済学部助教授、大阪大学経済学部助教授を経て、現職。著書に、『あなたが払った税金の使われ方』(東洋経済新報社)、『財政再建は先送りできない』(岩波書店)、『図解雑学 マクロ経済学』(ナツメ社)など。

「2016年 『大学4年間の経済学がマンガでざっと学べる』 で使われていた紹介文から引用しています。」

大学4年間の経済学が10時間でざっと学べるのその他の作品

井堀利宏の作品

大学4年間の経済学が10時間でざっと学べるを本棚に登録しているひと

ツイートする