子どもは親を選んで生まれてくる (中経の文庫)

著者 : 池川明
  • KADOKAWA/中経出版 (2015年9月26日発売)
4.33
  • (2)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :12
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784046011985

作品紹介

子育てに悩むママ・パパにおすすめ!「生まれる前の記憶がある子どもたち」の存在を知っていますか?本書では、そんな子どもたちの話をまとめており、限りある人生の生き方を考え直すきっかけになります。

子どもは親を選んで生まれてくる (中経の文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 医師が著す人智を超えた生命論。理解など到底できるレベルの内容ではなく、三世を説く仏教の教えをも超越していて、西洋的スピリチュアリズムに近いと感じた。こんな感じで命を見つめられたらすごく自由な気分になれる気がする。ただし子供たちの語る内容が真実なら雲の上から一部始終を監視されているのでちょっと困る。

  • 産婦人科医・池川明院長著。小さな子どもから語られる胎内記憶・誕生記憶の研究から、中間生記憶、過去生記憶を持つ子ども達もいることが分かり、彼らから語られた内容から、死生観や人生観まで壮大に広がった世界を感じとった考察本。

    私も当初は、信じられなかった世界だけれど、信じる信じないは別として、考え方や捉え方の一つとして、こういったことを知らないよりは知っていた方がいいと思うし、生き方の指針になると思う。日本しか知らないよりは、世界を知っていた方がいいように。

    「親から子どもに注がれる無償の愛」よりも、「子どもたちから親に注がれる無条件の愛」の方が、余程素晴らしいということ。

    流産も死産も、子どもがそういう人生を決めてやってくる。親の成長や気付きのために命を差し出す。

    確かに子どもというものは、思春期頃まで、どんな親であろうと無条件で好きであり、一緒に過ごすことを望み、親に自分の存在を認めて欲しいと一生懸命である。親のために生まれたと言っても過言でないぐらいに。
    オギャーと生まれる前から、母親はすでに子どもから、めいっぱい愛されているということ。

    でも、思春期以降は、「親のため」の役目を終えて、「自分のため」に生きることにシフトしなくてはならないのに、「親のため」の役割を果たせなかった子は、大人になってもずっと引き摺ってしまい、「自分のため」に生きれず、生き辛くなる。

    どんな人も、人間として肉体をまとって生まれた以上、人を傷つけたり悲しませたり、生きていくために殺生したりといった「悪いこと」や「穢れ」と全く無縁で生きることはできない。悩みながら反省していくことの連続だったり、時には他人を恨み、それを乗り越えようと苦しみもがくこともある。

    そういうたましいの曇りが多ければ多いほど、磨かれるととても眩しく光り輝けたりする。困難な人生を良い方向へ変えていこうともがいて奮闘していくプロセスこそ生きる意味があると、イエス・キリストもブッダも唱えている。

    たましいが成長するために、愛するために生きていて、「ただ生きている」だけでも生きている意味がある。

全2件中 1 - 2件を表示

子どもは親を選んで生まれてくる (中経の文庫)のその他の作品

池川明の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

子どもは親を選んで生まれてくる (中経の文庫)はこんな本です

子どもは親を選んで生まれてくる (中経の文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする