本の中身が頭に入ってこない人のための読書のルール (中経の文庫)

著者 :
  • KADOKAWA/中経出版
3.43
  • (1)
  • (5)
  • (7)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 83
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784046013675

作品紹介・あらすじ

会議やプレゼンでうまく説明ができない、そんな経験はありませんか? 読書をすればあなたの悩みはどんどん解決していきます。読書の基本からメンタルテクニックまで、仕事に役立つ読書法が満載!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • あんまり頭に入っていない…(泣)

  • 読書が苦手という人が読書に親しむ方法。
    ・自分に合ったレベル、むしろやさしいレベルの本を選ぶ。
    ・目次を章タイトルだけ読み、続いて大見出しまで、最後に小見出しまで全部を読んで構成を理解する。
    ・目的別の3つの読み方。気になるところを拾い読むスキミング、質問の答えを探すターゲット、通しで読むトレーシング。
    ・15分読んで、5分間内容を話す。アウトプット。
    覚えて、使える読書が著者の目標のようで、自分にとっての読書には単純に楽しむ・興味を満たすだけで満足している部分があることを理解した。
    16-53

  • 説明が苦手、考えがまとまらない…読書をすればすべて解決します!
    会議やプレゼンでうまく説明ができない、そんな経験はありませんか。
    読書をすればあなたの悩みはどんどん解決していきます。読書の基本からメンタルテクニックまで、仕事に役立つ読書法が満載です。
    読書は何故必要なのか、ビジネスと読書を結び付けた読書技術が書かれています。

    (NDC 019)

  • 本を読む習慣がない人のための導入本。
    専門分野の理解を深める項目などは仕事にも参考になるのではないかと思う。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

京都府生まれ。「速習セミナー」主宰。
学習障害であるディスレクシア(読字障害)を記憶のメカニズムにあった読書法で克服。
32歳から多読をはじめ、約13ヵ月で日本語、英語の書籍を含め、ビジネス経済関連図書58冊、脳、神経の関連専門図書43冊、心理学関連図書48冊、学習障害(読字障害)関連図書82冊、スポーツメンタルトレーニング関連図書27冊を読破。
「高卒・読書経験ゼロ」の状態から、34年間の学業の遅れを一気に取り戻す。
現在の蔵書は5000冊を超える。その経験を活かし、速読教室のインストラクターを2002年から2008年まで務め、235回の講座で7336人を送り出してカリスマ講師となる。セミナーは高額にもかかわらず、常にキャンセル待ち状態。受講生には、著名人や著者が多数いる。
現在は、自分の経験した読書経験をもとに、脳科学を根拠とした記憶のメカニズムにあった勉強法を伝えるために速習セミナーを開催中。
著書に『本がどんどん読める本』『すぐに頭がよくなる!「超速」勉強法』(ともに講談社)などがある。

「2014年 『4日で脳が変わる習慣 とつぜん記憶力がアップする』 で使われていた紹介文から引用しています。」

本の中身が頭に入ってこない人のための読書のルール (中経の文庫)のその他の作品

園善博の作品

本の中身が頭に入ってこない人のための読書のルール (中経の文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする