株で勝ち続ける人の常識 負ける人の常識

著者 : 加谷珪一
  • KADOKAWA (2015年11月13日発売)
3.45
  • (1)
  • (5)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
  • 本棚登録 :40
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・本 (237ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784046013743

作品紹介

一般的に、株で勝ち続ける人と負ける人は、分析スキルや情報収集に違いがあると考えられていることが多いようです。
しかし、著者の加谷珪一氏は、分析スキルや情報収集以前に投資行動のよりどころとなる「常識」に大きな違いがあると言います。
そこで本書では、「勝ち続ける人」と「負ける人」の50の常識をそれぞれ紹介、比較しながら、株で勝つために必要なポイントを解説します。

(項目例)
×バフェットの手法を学べば儲けられる
○バフェットの手法は個人投資家には真似できない

×銘柄を選ぶ時は、株主優待の有無を重視する
○株主優待が充実した会社は長期的に付き合う価値がない

×高すぎる株を買ってはいけない
○高い株はさらに上がる可能性がある

×官製相場はまやかしなので、株価はすぐに下落する
○政策と反対のスタンスを取ると失敗する

×市場は特定の勢力によってコントロールされている
○「市場の陰謀論」など存在しない

×市場は百戦錬磨のプロ投資家に牛耳られている
○プロには弱点がある

×ポートフォリオを組んで分散投資をする
○「対象」を絞ることが重要

×「国力が高い国」の通貨は高くなる
○「物価が安い国」の通貨は高くなる

株で勝ち続ける人の常識 負ける人の常識の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • バフェットは保険会社の保険料を利用している。レバレッジをかけているので、儲かっている。

    トレンドに早く乗る。買い手は次々に変化する。
    敏感な投資家、機関投資家、最後に一般投資家。

    株価指数が天井をつけるころには、主要銘柄はすでに値下がりしている。

    テクニカル分析だけで大きな資産を築いた人はいない。

    市場はだれかがコントロールはできないが、政策だけは別。政策に反対のスタンスは失敗する。

    高い株はさらに上がる可能性がある。
    相場が続くのは3~5年、上昇幅が2~3.5倍。

    投資は対象を絞る。ファンダメンタルで銘柄を絞り、テクニカルでタイミングをはかる。

    PBR投資の妙味は、高収益企業に変身する可能性。
    自社株買いのROE向上策は限界がある。
    PBR=PER×ROE

    学術的にはテクニカル手法では儲からない。

    ランダムウォーク派、ファンダメンタル派、テクニカル派。
    長期的な心理、を読む。

    10倍20倍の大当たり銘柄がないと、資産は大きく増えない。
    相場が悪い時は休む。
    専門家の見解は、市場のコンセンサスを知るために読む。

  • 「お金持ちの教科書」でもお馴染みの加谷珪一氏の株式投資における常識について書いた一冊。

    チャート分析や投資の定石などではなく、経済学や会計の知識を基に株式投資について書かれており、非常に勉強になりました。
    そして、本書を読んで経済の理論、現在までの相場の動向そして政策が理論に基づいて行われていることが理解できました。

    また、PBRが低い会社は割安感があることやROEが高い会社の評価が高いことなど投資家のなかで常識とされていることにも言及しているところも投資とより深く向き合えると感じました。

    本書を読んで改めて株式投資のメリット、デメリットが把握できました。また、期待リターン6%、リスク25%という数字を知れたことも今後の投資を行う上で好材料でした。

  • 退職までに、経験を積みながら、投資してみようと思った。

  • 株の入門書によく書かれていることと異なる見方が多くあり、参考になりました。

全4件中 1 - 4件を表示

株で勝ち続ける人の常識 負ける人の常識のその他の作品

加谷珪一の作品

株で勝ち続ける人の常識 負ける人の常識はこんな本です

ツイートする