ビル・ゲイツとやり合うために仕方なく英語を練習しました。 成毛式「割り切り&手抜き」勉強法

著者 :
  • KADOKAWA
3.38
  • (1)
  • (5)
  • (9)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 82
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (175ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784046013767

作品紹介・あらすじ

「やらないこと」を、最初に決めよう――留学・海外在住経験なし、社会人になってから英語を学び、外資系トップまで務めた著者による「必要最低限」の練習法。本書は、あなたの英語勉強効率を飛躍的に高めてくれる

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ビジネス英語を学ぶための勉強法。
    著者は、英語が必要な日本人は1割で、その他の9割の人には英語は必要ないという。
    けれど、それはビジネスに限った話。
    確かに職場で英語を必要とする人はそう多くはないだろう。
    そして、ビジネス英語は日常会話英語より簡単であるという。
    趣味や日常で英語を使いたいと思って本書を手に取った私には、冒頭から予想外の内容で少し面食らったが、読み進めていくうちにその理由に納得した。
    つまり、そもそも会話の内容が、日常的なものの方がビジネスに比べて多岐にわたるのである。
    だから、それらをマスターするには多くの時間を費やしてしまうということ。
    とはいえ、やはりビジネス以外で英語を使いたい。
    なので、本書で勧められているように、まずは趣味の分野に絞って英語学習をしようと思う。
    というか、これは実は目から鱗であった。
    漠然と英語を話したいと思っていた状況から、趣味の分野に絞るということだけで、一歩前進したようにすら感じた。
    そしてもう一つ、話したいのだけれど言葉が出てこないときがよくある。それは日本語を英語に翻訳して話そうとしているからで、翻訳せずに「統合」せよと著者はいう。
    具体的には、「言葉に詰まったら、「何を言いたいのか」を改めて考えてみる。これは実におすすめの方法です。「要するに」「つまり」と、別の言い方を考えるのです」(p126)
    これは、とても有効なテクニックだと思った。

    他にもたくさん面白い勉強法が紹介されている。
    なお、私のようにビジネスではないところの英語を勉強したいと思っている人にも大いに役立つ内容だと思う。

  • 参考になった

  • なるべく簡単に手っ取り早く英語を身に着けるには、と考えた英語の練習法。

    とはいえやるべきことはやらなくちゃいけない。

    それでも上手に手を抜くというのも大事ですね。

  • D3

  • タイトルに惹かれて読んだ。他の本にも書かれていたが、英語を習得するにしても目標設定が重要。そしてなるべく時間をかけずに手抜きでやる、しかし、著者は日本語っぽい英語なら習得するくらいなら習得しない方がましといった潔さがあって、いいなと思った。巻末のお薦めの本は参考にしたい。

  • Art is long, life is short. 人生は短く、芸の道は長い

    英語を真面目に勉強している時間がない

    Is is no use crying over spilt milk. 後悔先に立たず

    Haste makes waste. 急がば回れ

    真っ先になにをしたかというと、目標を決めた 具体的なイメージ 

    ゴールが明確になれば、そこに至るまでのプロセスに無駄がなくなる

    Rome was not built in a day. ローマは一日にてならず

    All roads leads to Rome. 全ての道はローマに通じる

    私のごーるは、いかにも英語らしい英語 ビルゲイツの英語らしく

    小三治 三三にたいして、とにかく大きい声でしゃべれと指導 つぎのミッション 落語らしくやれ

    Prevention is better than cure. 転ばぬ先の杖

    完璧でなく、そこそこを目指す

    Time and tide wait for no man. 歳月人を待たず

    使わないテクニックを身につける必要はない

    少ない食材を使いまわして料理する感覚

    Kill two birds with one stone. 一石二鳥

    Quality over quantity. 量よりも質

    一つの言葉に長けているモノリンガルは、その言葉で深く考えることができる

    Necessity is the mother of invention. 必要は発明の母

    何をやらないか、何をやるか

    Many drops make a shower. ちりも積もれば山となる

    母音より子音

    大きな声

    Siri で練習
     parallel/enthusiastic

    Practice makes perfect. 習うより慣れろ

    モノマネとは、他人の特徴を抽出し、それを再現すること

    To speak nine words at once. 立て板に水

    Providing is preventing. 備えあれば憂いなし

    ビジネス英語は日常英会話より簡単

    雑談は難しい

    意外に使える英語で書かれた日本の紹介本

    What one likes, one will do well. 好きこそものの上手なれ

    google 音声入力 siri

    英語の決まり文句は、割りきって丸暗記

    Pass me the salt, please?
    Would you mind if I ask you to pass me the salt?

    Manners know distance. 親しき仲にも礼儀あり

    話すときには翻訳するな、統合せよ

    ことばに詰まったらとりあえずIと言え

    通じない時は短く繰り返す

    英語が下手なのではない、声が小さいだけ

    He who shot open, hits at last. 数撃ちゃ当たる


    発音しにくい英単語 dailymail
    whorestershire
    specifitc
    squirrel
    brewery
    phenomenon
    derby
    regularly
    february
    edited
    heir

    rollerblading
    miscellaneous
    caucasian
    deterioration
    refrigerator
    otolaryngology
    tremendous
    thirtd
    remuneration
    enterpreneurship

    アルジャーラ英語版
    読むなら
    the economist, nature digest,the new yorker

    英語を書く
    ginger page/ メリアムウエブスター英英辞典/

    oxford picture dictionary
    その英語、ネイテイブにはこう聞こえます
    DVD&CDでマスター英語の発音 ナツメ社
    毎日の日本

  • 成毛式英語勉強法の本はちょいちょい読んでいる。
    この本も、なかなかいいことが書いてある。
    ・小林克也の勉強法を参考に
    ・Siriを使って自分の発音を確認する
    ・英語がわからないとき、単に聞き直すのではなく「●●と理解したが、」と聞き直す
    ・話せれば、聞こえる → 「話す」ことに時間を
    ・日々の仕事で英語を学ぶ、という気概で
    ・Gingerを使って自分の英語をチェック

  • 成毛眞さんの英語習得論ということで、早速Kindleでダウンロード購入して読んでみました。
    ビジネスに必要な英語を身につけるという目的に関してはご指摘内容おっしゃる通りと思います。

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

1955年北海道生まれ。 中央大学商学部卒業後、自動車部品メーカー、アスキーなどを経て、 86年日本マイクロソフト設立と同時に参画。91年同社代表取締役社長就任。 2000年退社後、投資コンサルティング会社インスパイア設立。 10年おすすめ本を紹介する書評サイト「HONZ」を開設、代表を務める。 早稲田大学ビジネススクール客員教授。

「2018年 『AI時代の子育て戦略』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ビル・ゲイツとやり合うために仕方なく英語を練習しました。 成毛式「割り切り&手抜き」勉強法のその他の作品

成毛眞の作品

ビル・ゲイツとやり合うために仕方なく英語を練習しました。 成毛式「割り切り&手抜き」勉強法を本棚に登録しているひと

ツイートする