医者の私が薬を使わず「うつ」を消し去った20の習慣 (中経の文庫)

著者 :
  • KADOKAWA/中経出版
3.75
  • (3)
  • (4)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 48
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (191ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784046013811

作品紹介・あらすじ

自ら7年間うつに苦しみ、現在は「薬を使わない精神科医」として活躍する著者が教える、うつを消し去る方法。薬を使わず、「言葉」と「実行しやすい習慣」でうつが消える――うつの予防と再発防止にも役立つ一冊!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • うつが抜けました!

  • 著者の本は信用できる。

  • わかりやすいので実践しやすいと思います!

  • 一般的な改善案が記載されているが、それを取り組む為の心構え等具体例については触れられておらず、残念だった。いきなりポジティブになれと言われて出来れば何も苦労はしない。根気強く意識付けすることに意義があると理解。

  • うつの考え方という発想がなかったので、読み進めていくとたくさんの学びがありました。
    人生をよりよく生きる上でも一読をオススメします!

  • タイトルからして素晴らしい内容なのかと思ったが、期待外れ。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

薬を使わない精神科医・YSこころのクリニック院長。1973年神奈川県生まれ。防衛医科大学校卒。研修中、意欲がわかず精神科を受診、うつ病の診断を受ける。自身が7年間抗うつ剤を服用した経験から「薬でうつは治らない」と気づき、食生活や人間関係、潜在意識や考え方を変えることの大切さを学び、うつ病を克服する。うつ病だけでなく、統合失調症などあらゆる精神疾患が寛解する支援を行っている。

「2018年 『薬を使わない精神科医の「うつ」が消えるノート』 で使われていた紹介文から引用しています。」

医者の私が薬を使わず「うつ」を消し去った20の習慣 (中経の文庫)のその他の作品

宮島賢也の作品

ツイートする