新日本プロレスV字回復の秘密

制作 : 新日本プロレスリング株式会社 
  • KADOKAWA (2015年11月13日発売)
3.79
  • (4)
  • (5)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
  • 本棚登録 :40
  • レビュー :8
  • Amazon.co.jp ・本 (247ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784046013989

作品紹介・あらすじ

倒産寸前の危機的状況から、奇跡的な復活を遂げた、知られざる衝撃の舞台裏に迫る!

K-1、PRIDEなどの総合格闘技ブームの到来により、一度はみなの記憶から忘れさられたかに見えたプロレス。
しかし現在、あちこちで「プロレス人気完全復活!」が叫ばれている。

なぜ、またプロレスがブームになっているのか?
なぜ、新日本プロレスはV字回復することができたのか?

その秘密を、会社で働く背広組、所属レスラー、そして、ファン・観客など、それぞれの視点から紐解くドキュメンタリー。
木谷高明オーナー、菅林直樹代表取締役会長や手塚要社長、そして、棚橋弘至、中邑真輔、オカダ・カズチカ、飯伏幸太などの人気レスラーたちにもインタビューを敢行。
それぞれの想いが交錯する果てに見えた新しいプロレスの未来とは?

今、初めて明かされる衝撃の真実!
◎なぜプロレスは一度死んだのか?
◎主力レスラーの大量離脱
◎わずか1年で売上げが半分以下に
◎瀕死の新日本を救った救世主
◎昭和の営業からメディア戦略への転換
◎ 3・11で知ったプロレスの底力
◎買収劇の真相
◎最強を残しつつ最高を目指す
◎動画配信サービス「新日本プロレスワールド」誕生
◎逆境の中で、もがき続けた棚橋弘至
◎中邑真輔、アントニオ猪木への挑戦
◎猪木を知らない新世代、オカダ・カズチカ
◎新時代を担う男、飯伏幸太
◎人々がプロレスを求める理由 など多数

時は来た……。新しい時代のプロレスを求めて。
新日本プロレスの逆襲がここから始まる。

新日本プロレスV字回復の秘密の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 新日本プロレスの奇跡的な復活を記した書。レスラーばかりでなく普段あまり聞くことのない背広組の話が多いは勉強になった。
    一般的に批判的は意見が多いユークス期なども詳細に書かれていて猪木独裁から企業としての移行期への詳細が良くわかった。
    そしてブシロードがオーナーになる事で見事に復活劇を遂げる。社長木谷高明氏の天才っぷりが凄い!
    猪木が貫いたストロングスタイルをここまでエンターテイメントに出来たのは彼ならではだと思った。
    マーケティングの勉強にもなり、とても楽しく読めた

  • この本では新日本プロレスの復活の理由について、背広組の視点が7割、レスラー側の視点が3割という構成で語られている。背広側の視点が語られることはなかなかないので、その観点を読むことができる貴重な本である。その中で特に貴重なのは、IT企業の「ユークス」がオーナーだった頃の話だろう。今まで読んできたプロレス関連の文章では、アントニオ猪木の格闘技界への進出に翻弄された結果、新日本プロレス冬の時代が到来。それを棚橋弘至とブシロードの木谷高明の活躍により見事復活。という流れになるのだが、その途上で背広組の菅林直樹、ユークスがどのようなことをやっていたのかが分かるのである。レスラーに否定されることの多いユークス期。だがそれは背広組による興行屋から一般企業への転換への挑戦だったのである。そうして成された新日本プロレスのV字回復とは、アントニオ猪木の夢を叶えるための場所から、レスラー、背広組など関わる人物が持つ夢を叶えるための場所への変化である。その結果、夢を求めて新日本を離れた人々も、再び新日本に戻ってくるのである。

    だが、この本はインタビュー記事や該当者の著書をまとめた印象が強く、今一歩踏み込めていないように思われる。それは新日本プロレス監修なのだから当然とは言えるのだが、そうであれば背広組、レスラー達の証言をまとめた方が良かったのではないか、そう思うのである。

  • プロレスもミュージシャンの売り方と同じという話になる程と思いました。

  • いわゆるプロレス情緒本でないビジネスとしてのプロレス、中でも奇跡の経営回復を果たした新日本プロレスについて取り上げた本。決して趣味娯楽の世界だけではなく、一般のビジネス本としても参考になる内容である。

  • 神庭さんオススメの本。
    90年代から、現在の逆転劇までを辿った本。
    プロレス好きならば、時代背景とともにとても面白く読めると思います。
    ただ結局のところ、逆転のきっかけは「資本力」ということかと。特にG1の山手線ジャックなど、実態よりも先行、背伸びをして告知量を増やしていくことの重要性、それに追いつけるようなコンテンツの整備。
    どちらかだけでも駄目だし、といった内容と理解しました。

    個人的には全日派ですし、現在当時のような熱を感じてはいなかったので、もう一度プロレスを見ようかな、と思った1冊

  • 67-5-1

  • テレビからはじき出されたからインターネットシフトが起こり発展している。WWEが世界最先端のスポーツマーケティングをやっている。

全8件中 1 - 8件を表示

新日本プロレスV字回復の秘密のその他の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
落合博満
西 加奈子
佐々木 圭一
村田 沙耶香
デール カーネギ...
西 加奈子
みうら じゅん
三浦 しをん
ジェームス W....
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする