ペンタゴン式 ハードワークでも折れない心のつくり方

制作 : 中津川茜 
  • KADOKAWA
3.54
  • (5)
  • (8)
  • (10)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 92
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784046014191

作品紹介・あらすじ

■折れない心は「生まれつきのもの」ではない

CIAやFBIと並び、数々のハリウッド映画の舞台としても知られる、アメリカ国防総省、通称「ペンタゴン」。傘下に軍を携え、アメリカ国防の要として君臨する、世界最大の組織でもあります。
軍隊での経験は、特別なものと思われるかもしれませんが、実際はビジネスマンが経験する状況と、とてもよく似ています。本書はペンタゴンの現役キャリアである著者が、これまでベールに包まれてきたペンタゴン式「折れない心」をつくるシンプルな習慣を、初めて公開したものです。

■ペンタゴン式シンプルな習慣とは?

ペンタゴン式メソッドのポイントをひと言で言えば「心のキャパシティ」を広げること。具体的には、どれも1日3分以内でできるものばかり。今日から実践できます。

・恐れに支配された時に陥る「反応」を知る
・どんな時も「息」を止めない
・心の静寂を習慣にする
・「儀式」を行う
・自分も他人も裁かない
・意見の違う他人の考えを「道具」と考える
・今日、絶対にやることを3つだけ紙に書く
・「とりあえず」始めない

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • D3

  • 折れない心とは、強く硬いものを想像するが、実際は力が加わるとたわみ、力が抜けると元に戻る柳のようなしなやかさが、折れない心となる。

    気に入った言葉
    基本を何度も繰りかえす

  • ☆4
    米国国防総省(日本でいう防衛省、自衛隊)に所属する著者の本。マインドから実践まで網羅している。国防総省で実際に行われているトレーニングを基礎にしており、信憑性も高い。また、各テーマに対して4、5ページほどなのでとても読みやすい。
    まず本を読む前に、自分の中での「折れない心」とはと読者に定義させる手法は興味深かった。
    話題のマインドフルネスやレジリエンスも実践方法が書いてあり参考になることが多かった。

  • やはりここでも、「今、ここ、自分」というのがキーワードになっている。

  • 続けて著者の本を拝読しましたが、書いてあることは素晴らしいですし、説得力が高いです。
    でも我が身を振り返った時に全く出来そうな感じがしないです。
    これを身につけるのは至難のワザだ。。。

  • 本書でOODAループを知った。

  • ・「ハードワークでも・・・」、「レジリエンス」等の本がたくさんある中で、日々緊急事態、問題に直面している人はどのような対策、思考を撮っているかと思い読んだ本。
    ・要は問題や予想外のことが起きてもいいように、心身ともに儒にしておこうということが書いてあった。
    ・本によると自分も世の中も変化するものであり、現状維持はありえなく、それに固執すると一生悩むことになるとのこと。納得である。
    ・変化に備えるためには、静かな環境に身を置く、寝るなどあり、自分がうすうす感じていたことと同じでうれしかった。
    ・ただ、休むことは目的ではなく、あくまで責任を果たすために力を養うためであり、責任が果たせない人には幸せも成功も訪れることはない。
    結局そういうことなのだ。

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

サンフランシスコ生まれ。University of Washington卒。科学者を志すも、その後アメリカ空軍将校の道へ。在軍中に、アメリカ軍事大学院で修士課程を収める。その直後にアメリカ国防総省国防情報システム局へ入局。情報部隊のエキスパートとして国防総省でも保有率わずか1%というサイバーテロスペシャリストのライセンスを取得。国防総省、軍で行われるさまざまなトレーニングの中から、人生の可能性を広げ、成功するに有益なノウハウを抽出し、一般向けにアレンジした独自メソッド「リビング・エンライトメント・システム」を2011年に完成。現在は国防総省、軍にも籍を置きつつ、プライベート機関ディフェンス・ディベロップメント・コンセプト社をベースに、セミナーやサイバーセキュリティ・コンサルティングなどを行っている。空軍での階級は少佐。

「2015年 『ペンタゴン式 諜報員の英会話習得術 短期間で語学の達人になれる理由』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ペンタゴン式 ハードワークでも折れない心のつくり方のその他の作品

カイゾン・コーテの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デール カーネギ...
リンダ グラット...
佐々木 圭一
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする