アシュリーの戦争 -米軍特殊部隊を最前線で支えた、知られざる「女性部隊」の記録

制作 : 新田 享子 
  • KADOKAWA
2.00
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 22
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (383ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784046014511

作品紹介・あらすじ

「限界を超えようと戦った女性たちの、絶対に忘れられないストーリー!」
―― 「リーン・イン」著者、フェイスブックCOO、シェリル・サンドバーグ推薦!

20世紀フォックスが映画化権を取得した、
全米に衝撃をあたえたノンフィクションが、ついに日本語訳で登場!

部隊は、2011年のアフガニスタン。
アメリカ軍は、「女性だけ」を集めた“文化支援部隊(カルチュラル・サポート・チーム)”を編成した。
その目的は、アフガニスタン辺境地域で、ゲリラ掃討作戦を行う特殊部隊の活動を支援することだった。

彼女たちの仕事は1つ。
ゲリラをかくまう女性たちに接触し、情報を引き出すこと。

男性が女性に話しかけることが禁じられた地域では、
女性をかくれみのにしたゲリラたちが、特殊部隊の兵士の命を何人も奪っていたのだ――。

「女性が戦闘に参加するのは違法」とされるアメリカ軍の中で、
歴史上初めての“最前線に立つ女性部隊”となった文化支援部隊の
友情と過酷な運命を描いた、衝撃のノンフィクション!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 東2法経図・開架 KW/2016//K

  • 借りたもの。
    米軍の内部事情、女性の社会進出の契機ではなく、対ゲリラ作戦のために生まれた女性兵士たち。
    「(アフガンの)女性を侮辱した!」という抗議の声には、文化の違い――見ず知らずの男性(兵士)が女性に話しかけたり、服越しでも触れてはいけない事など、価値観の差もあることを知った。
    それ故に身体検査ができなかったり、アメリカ兵(見ず知らずの男性)の事を、アフガン女性が信用できないという事も。
    女性(女装している男性がいる可能性も…)を尋問する女性兵士が必要になったことがきっかけだった。

    男ばかりの兵士の世界の中で、女性らしさを保ち、それが活かせるのか――それが気になり読み進める。

    前半はアシュリーや彼女の同僚たちの話(物語のバックボーン)。
    軍への入隊、プログラムへの参加が、自己実現のためであること、男性的な価値観にも基づいている事に驚きつつ、男性と同じ過酷なプログラムをこなしてゆく様を応援しながら読む。(男性兵士の女性の整理にまつわる迷信には苦笑)
    実際に特殊部隊との作戦に関わると、やはり男性中心の社会で(多少、男性兵士から気遣いを受けつつ)、時に女子力を発揮する。
    それが兵士の排他的・支配的な男性社会を変えていくのではないだろうか――

    第二次大戦と、911以降の戦争の在り方は変わった。
    そんなアメリカの戦術史も垣間見る。

    結末は残念だけど、彼女たちの活躍、布石となった事、それらにおいて彼女たちの勇気と行動に、敬意を。

全2件中 1 - 2件を表示

アシュリーの戦争 -米軍特殊部隊を最前線で支えた、知られざる「女性部隊」の記録のその他の作品

ゲイル・スマク・レモンの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヘンリー・キッシ...
リチャード ウィ...
月村 了衛
エラ・フランシス...
トルーマン カポ...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする