無印良品とはじめるミニマリスト生活

  • KADOKAWA
3.04
  • (3)
  • (11)
  • (50)
  • (14)
  • (0)
  • 本棚登録 :328
  • レビュー :34
  • Amazon.co.jp ・本 (128ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784046014719

作品紹介・あらすじ

★おうちにある無印良品で今すぐマネできる! 365日、「すっきり」が続く部屋のつくり方

話題の「ミニマリスト」生活は、子供がいても、片づけが苦手でも実現できます!強い味方が、無印良品のインテリアや雑貨、洋服たち。大人気ブロガーやまさんが教える、人生が変わり、家族が変わる32のルールが1冊に!

---------------------------------------------------
【捨てて、捨てて、捨てて……それでも残ったのが無印良品でした】
インテリア大好き! 雑貨大好き!だった著者のやまさんは、「北欧系」「ナチュラル可愛い系」など、部屋のテイストをころころ変えていました。無印良品の「底力」に気づいたのは、今から3年ほど前。今の家に引っ越すタイミングで、家具や雑貨を大量に捨てたときのことです。捨てて、捨てて、捨てて……部屋を整理し終わったとき、部屋に残ったモノが無印良品ばかり。長年友達だと思っていた異性が実は「運命の人だった」と気づいた瞬間でした。

【ミニマリストの部屋づくり、収納、クローゼットを徹底解剖!】
本書では、大人気ブロガーやまさんが「無印良品」とともに実践するミニマリスト生活のコツを、徹底解剖しています。
「部屋が散らかっていて、どこから手をつけていいかわからない」
「ミニマリストって独裁者っぽい……家族に実践してもらうのは大変そう」
「服にお金をかけられない。少ない服でおしゃれになるコツは?」
などの悩みを持つ方でも、今すぐマネできる内容が満載です。

【ミニマリストが選ぶ「無印良品」ベスト10も発表!】
さらに、ミニマリストが厳選した本当にすごい無印良品ベスト10も掲載。
3位 歯みがき
2位 重なるラタン長方形バスケット
そして1位は……?
買いすぎず、捨てすぎず。ミニマリスト流のモノ選びのコツをお伝えします。
---------------------------------------------------

★目次
Chapter1 「無印良品」と、ミニマリスト生活をはじめよう
Chapter2 今ある「無印良品」と暮らす ミニマリストの部屋づくり
Chapter3 「無印良品」フル活用! ミニマリストの収納ルール
Chapter4 「無印良品」で着まわすミニマリストのクローゼット
Chapter5 なぜ「これ」を選ぶのか? ミニマリストのモノ選び

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 靴、二足は無理だけど、服は真似したい。

  • 無印の魅力に改めて気付くことが出来たのは良かったけれど、4章のご本人の着画はちょっと…。

  • もういい年だし、物を徹底的に減らしたいと計画中。
    参考になればと思い読んでみた。

    厳しいなー。

    「これは出来ないかなー。」
    と思う事が幾つかあっても、好意的な姿勢で読み進める。
    でも、お財布の件で驚愕し、
    「こんなに突き抜けた人と同じようはなれぬのぉ。」
    と蓄積された内容がさらさらとこぼれちゃった。

    お財布を吟味して買うのが大好き過ぎる自分を知り且つ他者を受け入れられない度量の小ささを知る。

  • ごめんなさい。容姿がこのみでないので。

  • あっという間に読了。何もない部屋を1つ作るっていいかもなあ。贅沢でなかなか難しいのが現実だけど。

  • 少ない物でスッキリの方が良かった。

  • ミニマリストについては前々から興味があったのですが、真似できそうもないことと、ミニマリストについての本を1冊買うことでその分モノが増えてしまうという矛盾に耐えられなかったため躊躇していました。
    が、ネットで検索してもまとめサイト的な浅い情報かミニマリスト本人達のブログ(記事を掘り出すのが面倒くさい)しかなかったので、結局厳選してこの本を買いました。

    すべて真似しようとは思わないけど、無理してない感じなのでモチベーションが上がります。

    家族の持ち物にはルールを設けるけど干渉しないということと、余白を設けて収納するということが良いと思いました。

  • ミニマリストのうんちくを期待していたけれど、無印製品がいかにシンプルで効率的に収納できるかの広告宣伝本だった。

  • ミニマリスト生活入門。
    無印良品というところが親しみが持てるが、べつに無印に限らずともすっきり暮らす参考になる点は多くある。
    何もない部屋を一つ作る(その時に応じて何にでも使える)、空間の4割を余白にする、というのは憧れるがたぶんムリ。
    しかし物を減らすと手間が減り、迷いが減り、自由な時間が増えるというのはプチ断捨離をしてよくわかるので、ときどきこういう本を読んで自分の暮らしを考えてみるのもいいと思う。

  • 無印良品である必要はないと思うけれど、雰囲気が一致、統一しているというのはスッキリさせるポイントだろうね。
    必要なものだけにすることが重要。ものが多いと管理できないもん。ストックなどしようものなら、買い置きしていたことを忘れて買ってくるってことにもなりかねない。
    衣類もシーズンごとに着倒して次にまた新たに購入するってのも手なのかな?

全34件中 1 - 10件を表示

無印良品とはじめるミニマリスト生活のその他の作品

やまぐちせいこの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村田 沙耶香
エラ・フランシス...
ミニマルライフ研...
恩田 陸
辻村 深月
有効な右矢印 無効な右矢印

無印良品とはじめるミニマリスト生活を本棚に登録しているひと

ツイートする