あなたの思うように生きればいいのよ

著者 :
  • KADOKAWA
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 15
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784046014931

作品紹介・あらすじ

未婚で3人の子どもを出産。フリーライターとして世界を巡遊し、ベトナム戦争の従軍記者となるなど、波乱万丈の人生を送ってきた著者が、人生後半期を迎える女性たちに贈る生き方メッセージ。

住み方暮らし方について、家族について、恋愛&結婚について、友情について、老いについて、これからの夢……。語る言葉の数々の中から、生き方のヒントがきっと見つかります。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ・肉親愛と言うのは、自己愛の1種だから、暴走すると醜いし、傍迷惑だけれど、とりあえずそれで各自の家族を守ると言う分業体制で社会が成り立っているわけだから、肉親愛の衰弱が深刻な問題。

    ・私はもともと、世間体など気にしない人間です。本人たちが幸せかどうかが、1番大切。その上で、彼らが選んだ道なら、どんなことがあっても応援していきたいと思っています。

  • 私塾をされるくらいですから 世が世なら サロンでも されているでしょうね 社交的で 人と接するのが大好き 世界中のお友達の元を 渡り歩いて すてきな思うとおりです

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

桐島 洋子:1937年生まれ。文藝春秋に9年間勤務の後、フリージャーナリストとして海外各地を放浪。70年に「渚と澪と舵」で作家デビュー。50代からは「林住期」を宣言してカナダと日本で交互に生活。著書多数。

「2016年 『あなたの思うように生きればいいのよ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

あなたの思うように生きればいいのよのその他の作品

桐島洋子の作品

ツイートする