ニュースで伝えられない この国の正体 大阪の挫折と日本の行方

著者 :
  • KADOKAWA
3.65
  • (3)
  • (7)
  • (5)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 51
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (223ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784046015044

作品紹介・あらすじ

自民党から届いた出馬要請、大阪府・市統合住民投票で犯した橋下徹氏の失策、新国立競技場建設問題の真相、テレビコメンテーター降板の背景……。著者しか知り得ないニュースの真相が明らかに!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • メルマガに載っていた話だけに、歯に衣着せぬ物言いで大変面白かった。
    また、辛坊さんが新聞各社をよく読んで自分なりの見解をしっかりと持っているところに、芯の通った人だと認識した。

  • 辛坊治郎さんらしい本。テレビで言えない?いや、言ってるやん、これぐらいのこと。とも思うが、メーリングリストの中身を再編した本。
    ネタは面白い。でももっとハッチャケてるかと思ったので、、星は少なめ。
    目次は個人メモに

  • 土曜日の辛坊さんのラジオのポッドキャストをいつも楽しみに聴いていますが
    そこでも話せないような政治や社会のヘビーな話がてんこ盛りで面白すぎです。

    世の中ってこんな風にしてできていて
    こんな風に考えていけばいいんだという基準を示してくれる。

    辛坊さんの分かりやすいストレートな説明で何度も頷かされる内容になっています。

    またテレビや新聞の見方がこれで少し変わりました。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

1956年大阪府出身。早稲田大学法学部卒業後、讀賣テレビ放送に入社。プロデューサー・報道局解説委員長等を歴任し、現在は大阪綜合研究所代表。「そこまで言って委員会NP」「ウェークアップ!ぷらす」「朝生ワイド す・またん!」などテレビ番組の司会・ニュース解説などで活躍する。主な著書に『ニュースで伝えられないこの国の真実』『日本の恐ろしい真実』(KADOKAWA)、『辛坊訓』『冒険訓』(光文社)、『この国で起きている本当のこと』(朝日新聞出版)などがある。

「2017年 『ニュースの嘘を見抜け』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ニュースで伝えられない この国の正体 大阪の挫折と日本の行方のその他の作品

辛坊治郎の作品

ツイートする