これも修行のうち。 実践!あらゆる悩みに「反応しない」生活

著者 :
  • KADOKAWA
3.57
  • (8)
  • (12)
  • (10)
  • (2)
  • (3)
本棚登録 : 153
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (221ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784046015389

作品紹介・あらすじ

人間関係、失敗、病気、心配事……あらゆるツライことを「上手に消す」心の習慣があります。それは、「これも修行のうち」と捉えてみること。そのための簡単な方法(プチ修行)を50個、紹介します!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 修行とあると我慢してやるような感じがあったけど、
    我慢してやるようなものではなかった。
    プチで気軽にできそうなので試してみたいと思います。
    まずは何でも「でも大丈夫。」と思うことから始めます。

  • とてもわかりやすく実践しやすい内容です。

    面白かったです。

  • なんでも修行


  • 本読んでるより寝てスッキリが私にはあってるかな
    とかく、生きているとだけ儲けもん
    住む場所食事があるだけ幸せもん

  • 簡単に書いてあって、これならできそうと思いましたが、やっぱり難しいです。修行です。

    明石家さんまさんが言ってた「人生、修行やでぇ~」という言葉、そのままです。

    60になっても70になっても修行修行。

  • ブッダの教えは、①現実はつらい、②しかしそのつらさには理由がある、③そのつらさの理由は解消できる、④その方法がある(なんとかできる)の4つ。自分の人生のゴールは何だったか? 外れのないゴールを設定する。心には、①感覚、②感情、③思考、④意欲、⑤意識、の5つの領域がある。反応に疲れた時は意識を向ける先をカラダの感覚に向けると不快を解消出来る(マインドフルネス)。シャワー禅で気合いを入れる気持ちがゲンナリしたら「作業」をしてみる。

  • 読了。保管。

  • 20170209読

  • 前作「反応しない練習」の実践版。
    日常の中で修行をするというものです。ただ難しい修行はなく、どれも実行可能です。50個あるすべての修行は難しいかもしれませんが、いくつかは意識して生活してみたいなと思います。

  • 本書は仏教の教えを分かりやすく、また説教臭くなく、すんなりと入り込める良書。前作「反応しない練習」がベストセラーですが、僕にはこちらがフィットしました。サティ(気づき)、ラベリング(言葉で確認意識)し、感情をニュートラル=快でも不快でもない状態に持って行く事を推奨し、不快な感情を、感覚でリセットする技術も説いている。また「集中する事」の気持ち良さなど、今ここ、の大切さを分かりやすく説いた良書です。

全11件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

僧侶、興道の里代表。1969年、奈良県生まれ。中学中退後、16歳で家出・上京。放浪ののち、大検(高認)を経て東大法学部卒業。政策シンクタンクなどで働きながら「生き方」を探求しつづけ、インド仏教指導僧・佐々井秀嶺師のもとで得度出家。ミャンマー国立仏教大学、タイの僧院に留学。現在、インドで仏教徒とともに社会改善NGOと幼稚園を運営するほか、日本では宗派に属さず、実用的な仏教の「本質」を、仕事や人間関係、生き方全般にわたって伝える活動をしている。

「2016年 『これも修行のうち。 実践!あらゆる悩みに「反応しない」生活』 で使われていた紹介文から引用しています。」

これも修行のうち。 実践!あらゆる悩みに「反応しない」生活のその他の作品

草薙龍瞬の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
エラ・フランシス...
又吉 直樹
ジェームス W....
リンダ グラット...
北野 武
有効な右矢印 無効な右矢印

これも修行のうち。 実践!あらゆる悩みに「反応しない」生活を本棚に登録しているひと

ツイートする