ぬかよろこび

著者 : 嬉野雅道
  • KADOKAWA (2017年5月25日発売)
3.88
  • (6)
  • (5)
  • (5)
  • (0)
  • (1)
  • 本棚登録 :50
  • レビュー :11
  • Amazon.co.jp ・本 (264ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784046015525

作品紹介・あらすじ

奥さん、お待たせしました!
「水曜どうでしょう」のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道氏が綴る、珠玉のエッセイ第2弾!

『ひらあやまり』から約2年ぶり、待望の第2弾は、うれしー流・人生哲学書!?
読めば、人生観が変わる! ……かも、ですよ~。
“うれしーミニグラビア”も収録です。

<もくじ>
第一話   空港へ向かう電車の中で世にもおかしな人を見た話
第二話   その気もなかったのに、なぜか珈琲の味を究めるお膳立てをされてパニックに陥る男の話
第三話   生まれてはじめての銭湯で、どこで服を脱げばいいのか分からず頭の中が真っ白になった男の話
第四話   欽ちゃんに会ってしまった夜の話
第五話   ぼくのおじさんと、ぼくの家族と、あのころの話
第六話   レジの列にイラつきながら、しかし人類は活性化していたのだと気づく男の話
第七話   人類の遺産はパクられながら後世に受け継がれていくのだと信じた男の話
第八話   小学6年の夏、水泳大会に人生を見た男の話
第九話   高校3年の夏、床屋のオヤジにあんたハゲるよと言われ、7年半引きこもった男の話
第十話   いつか女房と見た映画の話
第十一話  山形県の東根温泉の食堂でかつ丼のうまさに泣く話
第十二話  子供のころ父親に聞かされた不思議な話の答えに、『水曜どうでしょう』のロケ中にたどり着く話
第十三話  おかえり
第十四話  私の人生の恩人たち

ぬかよろこびの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 『ハナタレナックス』の放送日だってことをすっかり忘れていたのに、このタイミングで読んでいました。
    なんという偶然。

    うれし―の文章がすごく好きです。
    けっして力がこもった文章ではないのに、何か悩みがあった時などにその文章を読めば、そっと背中を押してもらえる。
    意固地になっているときにその文章を読めば、「本当にそれでいいの?」と顔を覗き込むように確認してくる。
    そんな文章です。
    いや、基本脱力なんですけども。

    萩本欽一さんと会った時のこと
    “欽ちゃんはね、
    「テレビは、勇気だよ」
    って、あの晩、言ってました。(中略)
    「でも、勇気は一人じゃ持てないんだよ。勇気はさ、「やればいいよ」ってあとを押してくれる人がいるから持てるんだよ。勇気はさ、勇気をくれる人がいるから持てるんだよ」”

    18歳から7年間の長きにわたって鬱状態であったといううれし―。
    “結局、人間は、どこかで他人が怖いのだ。おそらく他人の無慈悲が怖いのだ。その無慈悲が怖いのは自分の中にもある他人に対する無慈悲な目に自分で気づいているからではないだろうか。”

    “転んだら、何かをつかんでから起き上がる。他人には負けていい、でも、自分には負けない。そうやって自分の人生のルールを自分でつくる。それが楽しく生きる極意だと、私は信じています。”

    “それでも、寂しかったり、哀しかったりする気持ちの底には、昔そこに幸せだった時間があったという、儚い事実がある。”

    明日が続いていく限りは、生きていかねばならないのだねえ。

  • 嬉野大先生のエッセイ第2弾
    ありがたいお言葉が今回も豊富。
    「人と違う道を歩んでしまったその道にも咲いてる花はある。」

  • どうでしょう。しばらく見てない。
    うれしーエッセイ出してたんだって思って読んでみた。
    押しつけがましくないんだけど、泣けてきた。

  • またまたグラビア!

    外からの脅威は、あるものとして受け入れる。

  • 「水曜どうでしょう」という番組のカメラ担当ディレクターさんのエッセイ。
    アマゾンの内容紹介を読んで面白そうと思って図書館で借りた。

    「水曜どうでしょう」を殆ど見たことがないから、番組の話のところはなんのこっちゃさっぱりわからんかった。
    知らん人でも読めるように説明入れて欲しかった…。
    始めは面白いと思ったけど、読んでくうちに段々何が言いたいのかわからん感じがしてきて、
    読み進めるのが苦痛になって途中でやめた。
    番組のファンの人が読むと面白いと思う。

  • サラリーマンのおっさんの2作目。うれしーは、また奥さんのファンを増やしたね。わんこと奥さんの話にホロっとしちゃいました。

  • どうでしょうのうれしー、しか知らずに読んで、引き込まれました。綿に沈み込むような感覚。

  • 水曜どうでしょうでおなじみの嬉野さんの本。エッセイ集なんだけど、ものすごく良い話と、ものすごくどうでも良い話が重なり合ってる不思議な本。全て良い話にしてしまうと説教くさくなってしまうので、適宜混ぜているとは思うんだけども、玉石混淆感がなんとも言えず良い味になってる。水曜どうでしょうが面白いのは、この人の影響力も大きいんだな、と改めて感じた。書いて有ることはうなずける内容が多く、参考にしたい事も多かった。久しぶりに妙な本を読んだなーという印象w

  • 相変わらず軽い気持ちで読める、うれしーの2冊目。
    水曜どうでしょうの話もあれば、ご家族の話もある。語り口調の話の中に大事な人生の心理も見え隠れして、ああなるほどと思いながら読めた。

    個人的には第12話が印象的で、責任というものとの付き合い方を考える話だった。
    もちろん確固とした結論があるわけではないけれど、お父さんのお話とどうでしょうの話というかけ離れているような話題から浮かんでくる真理は興味深かった。

  • あーーうれしーに2冊めでも泣かされてしまった…
    前半の数話はそれでも「相変わらず読みやすいなあ、エピソードの繋げ方が上手いなあ」くらいでするする読んでたんですが、
    8話めの水泳の話でやられました。
    あとはもう降参しっぱなし。
    客観視を意識したエッセイは小説の味わいがあるなあ…

    ほよーんとしたメガネのあひるくち中年オジサマ、卑怯なり。

全11件中 1 - 10件を表示

ぬかよろこびのその他の作品

ぬかよろこび Kindle版 ぬかよろこび 嬉野雅道

嬉野雅道の作品

ぬかよろこびはこんな本です

ツイートする