仕事が速い人は「見えないところ」で何をしているのか?

著者 :
  • KADOKAWA
3.27
  • (9)
  • (33)
  • (34)
  • (17)
  • (4)
本棚登録 : 397
レビュー : 38
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784046015648

作品紹介・あらすじ

★これをやるかやらないかで、1週間後、1年後、3年後に差がつく!
メールからエクセル、伝え方、任せ方、思考法まで、
外資系プロジェクト・マネジャーが教える75のコツ。

★こんな人は必見↓
・がんばっているのに、毎日気づくと残業している
・パワポ、エクセルが正直苦手。マニュアルを読む気にならない
・上司が全然つかまらないので、仕事が進まない
・自分は頭の回転が遅いほうだと思う


【目次】
第1章 仕事の速さは始める「前」に決まる
●「一番時間のかかる作業」を見極めよ
●2回目までは力技でやる。3回目以降は効率化する
●「期限に間に合わない!」さて、どうするか?
●ひとりでやる仕事にこそ、期限を決める  ほか

第2章 「作業のスピード」は習慣化で速くなる
●メールは絶対に「1回だけ」しか読まない
●「○○さん、お疲れ様です」の3秒がムダ
●資料作成は「手書き」が8割
●外資系でも8割が知らない「秘密」のエクセル技
●1000行を一瞬でコピペする方法   ほか

第3章 「チームのスピード」は仕組みで速くなる
●つかまらない上司をつかまえる方法
●打ち合わせの「持ち帰り」をゼロにする
●部下の「モンキー」は部下に背負わせる
●「会議は全員発言すべき」はウソ   ほか

第4章 「ない時間」をひねり出す
●緊急のときに「どこまで犠牲にするか」を決めておく
●自分だけの「シェルター」を作る
●「忙しい」と言わない   ほか

第5章 「思考のスピード」は型で速くなる
●「タテ」「ヨコ」の質問で最短で本質にたどり着く
●健全に「疑う」ことで手戻りをなくす
●ゼロから考えず「型」にはめて考える
●2本の線で、フレームワークを作る   ほか

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 面倒くさがりという筆者のやっている仕事の効率的処理の仕方をだいたい見開き1ページで紹介しています。
    参考になったのは、エクセルのショートカットキーの話や、思考のフォーマットを決めておくという話。
    欲張っていろいろ知りたくなる情報だけれども、厳選してこれだけ!というものを取り上げてくれています。
    エクセルに関しては、自分もよく仕事で使っています。
    でも、基礎から学ぶ、ということはしていなかったし、自分の職業にあった方法を見つける努力はしていなかったので、自分なりに学んでいこうと思いました。

    筆者の仕事がら、メールが多かったり、人とのコミュニケーションでも無駄を省いたり、といったことがあるみたいですが、横のつながりが大切な仕事だと、これはどうなのかな?と思うこともありました。
    ちょっとしたことが時間を短縮するのに役に立つので、「これは効率化できないだろうか?」という視点は真似してみたい。

  • メールの挨拶文3秒をケチるような人にはこの本を読む時間が一番ムダ。

    「こういう意識があるから遅くなる」という見方は納得できるところはあるが、
    それに対して「こういう風に対応している」という例があまりに内容がない。

    仕事が速い人(=自分)はこんなことをしています!
     →3色ボールペン、万年筆、リングノートを使っています……

  • 2018.5.24 読了

  • 読了20180121

  • 私でも実践できる小さなこと、基本的なことが書いてありわかりやすかった。
    私のノートはいつもぐちゃぐちゃで読み返せないので、リングで横に使うは実践してみたい
    一日中仕事をしているからこそ、通勤時間は有意義に使わなくてはもったいない!
    一日やる気を出すために、ドラマをみる時間にしよう。

  • 2017.08.12読了
    日本IBMのエンジニアが書いた、仕事をいかにスピーディーにやるか、主に日々のワークに関するTipsが詰まった一冊。個人の細かな仕事のやり方はなかなか共有されないが、常日頃の行動に直結する取り組みが書かれていて、些細な点ではあるが参考になる部分がある。要は細かな事まで常に意識してスピードを上げようとしているかの違いが、結果的に大きな生産性の差に繋がるのだろうと感じさせられた。

    取り入れたいと思った点
    ・期限に間に合ってない場合でも、途中感を極力排除して提出する
    ・使うペンにも拘る
    ・一発で仕留める、を信条にする。メールは一度しか読まない。即断即決する。
    ・資料作成は8割手書きで進める
    ・プリンタに出ている資料をチラ見してパクる
    ・打合せでの持ち帰り確認事項は、その場ですぐにメールで確認
    ・メールは24時間以内に返信
    ・長いのは悪、メールも資料も端的に。その為に図解にして伝えることは有効。
    ・質問はタテ(深掘り)とヨコ(広げる)の2つのベクトルで
    ・Excelタブ移動→Ctrl+PgUp/PgDn
    ・Excel書式設定→Ctrl+1
    ・Excel同じ動作→F4
    ・机の上に紙の束はゼロ、その日のうちに破棄

  • 【個人】
    ・仕事を速くする原則。速くやる、ムダを省く、確実にやる
    ・メールは絶対に一回だけしか読まない
    ・いい資料をパソコンの蔵に入れておく
    ・資料のおきまりのパターンを持つ



    【チーム】上司視点
    ・即断即決する
    ・了解の返事
    ・打ち合わせの持ち帰りを0にする
    ・メールの24時間ルールをメンバーで共有
    ・部下のモンキーは部下に背負わせる




  • タイトル通り、仕事を速くするためのtipsの本。
    まっとうであり、参考になる。
    〈メモ〉
    ・仕事を速くするには、速くやる、無駄を省く、確実にやるの三つ
    ・仕事の段取り1仕事のゴールを決める2仕事のゴールまでをいくつかの作業に分解する3作業ごとの時間を見積もる4 1番時間のかかる作業を見極める5作業の依存関係を見極める 6 作業の段取りを決める
    ・資料作成は手書きが8割。80%を構想に使い、ノートや紙の上で行うこと。20%を作成に使う。
    ・パソコンでマウスを使う場合に一番時間がかかるのは、カーソルの移動時間。ツールバーの配置を最適化する。
    ・altボタンは活用できるボタン。マウスを使わず活用できる。
    ・セルの書式設定はctrl+1
    ・視点 どこを見るかを変える
    視野 見る範囲を変える
    視座 見る立場を変える
    ・数字の比べ方 母数と比べてどうか 他と比べてどうか、以前と比べてどうか

  • パソコンのショートカットを少しでも身に着けたいと思って読みましたが,私が普段利用しているパソコンの使い方では,それほど参考になるものはありませんでした。

    社会人になりたての人が読むと,こんな考え方もあるのだなと参考になると思います。

  • 初歩的な内容で、社会人なりたてや学生が読むとよいかと。私は読まなくてもよかった。

    丁装はスッキリしていてきれい。

全38件中 1 - 10件を表示

プロフィール

日本IBMエグゼクティブ・プロジェクト・マネージャー。横浜国立大学大学院環境情報学府工学研究科修了。2002年に日本IBMにシステム・エンジニアとして入社。入社3年目にしてプロジェクト・マネージャーを担当。2009年に役員のスタッフ職を経験し、2010年には 最大級の超大規模システム開発プロジェクトにアサインされ、大連への赴任も経験。日本と大連に数百人のメンバーを抱えている。

仕事が速い人は「見えないところ」で何をしているのか?のその他の作品

木部智之の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
メンタリストDa...
アーノルド ベネ...
冨田 和成
トマ・ピケティ
ジェームス W....
三谷 宏治
佐々木 圭一
有効な右矢印 無効な右矢印

仕事が速い人は「見えないところ」で何をしているのか?に関連するまとめ

仕事が速い人は「見えないところ」で何をしているのか?を本棚に登録しているひと

ツイートする