イヤな自分を1日で変える脳ストレッチ

著者 :
  • KADOKAWA
2.50
  • (0)
  • (0)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • 本棚登録 :12
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784046015853

作品紹介・あらすじ

イライラする、決められない、自信がない、他人が怖いなど、思い通りにならない性格は、脳を動かせば変わる!
「眼球を左右に動かしてみる」「会社に30分早く出社してみる」「スマホをいつもと反対の手で操作する」「ルーティーンを捨ててみる」など
かんたんですぐにできる「脳ストレッチ」を交えて、悩みがスーッと消えていく方法を伝授していきます。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 脳は生きている限り、いつでもどこでもスイッチをオンにすることができます。

    長い目で自分を見られるようになれば、脳はいつまでも前向きな考え方をしてくれます。

    自分のことを客観的に観察できる人は、基本的に悩みを引きずりません。

    できない、悩みグセ、伝わらない、決められない、イライラ、他人が怖い、忘れっぽい、そして、脳を成長させる、脳ストレッチの方法を紹介。

    体を動かし、人とコミニケーションをとること。
    新しいことにチャレンジし続けたい気持ちになった。

  • スジが通っていないというか、散文的な文章。

全2件中 1 - 2件を表示

イヤな自分を1日で変える脳ストレッチのその他の作品

加藤俊徳の作品

イヤな自分を1日で変える脳ストレッチを本棚に登録しているひと

ツイートする