スマホの5分で人生は変わる

著者 : 小山竜央
  • KADOKAWA (2016年9月29日発売)
3.68
  • (9)
  • (9)
  • (13)
  • (2)
  • (1)
  • 本棚登録 :121
  • レビュー :20
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784046016010

作品紹介

スキマ時間にスマホを有効活用する驚異の裏技が満載!

普段、暇つぶしでSNS、動画、ゲーム、などに使っているスマホの5分を変えるだけで、 時間とお金を節約できる「スマホ活用術」や、あらゆるムダがなくなる「超スマホ整理術」、悪い習慣を一気に良い習慣に変える「スマホのルール」など初公開!

◎スマホを整理するための基本ルール
◎なぜ、暇さえあればスマホを見てしまうのか?
◎ラクして節約! 家計簿を自動化する驚きの方法
◎成功者のスマホの使い方
◎自動的に記録を蓄積し、あらゆる手間を省く
◎眺めるだけで夢がかなう仕組み
◎「本当に大切な1%」だけに集中する方法
◎アプリは自己実現をサポートする「サプリ」
◎予約系アプリで運命を変えるイベントを引き起こす
◎スマホで簡単に「やる仕組み」を自動的につくる
◎朝起きて7分アプリを起動すれば健康になれる!?
◎「必要なときにパスワードが出てこない!」を防ぐ
◎スマホ依存から抜け出すための3ステップ
◎あえて興味を分散させるGoogleのサービスとは?

スマホの5分で人生は変わるの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 題名よりも中身の方が良いと久々に思った本。
    批判よりも提案が多い点が好感。
    特に後半には、役に立つ具体的な提案が多くあり、とりあえずやってみよう、日々の生活に取り入れてみよう思えるものを見つけられる。2017年の生活をもっと効率よく、幸せにしたい人におすすめ。

  • なかなか鋭い。
    スマホでゲームしてる場合じゃない。

  • ・最初から大きなことを目指す必要はない。きっと一つひとつは小さな塊に過ぎない。しかし、こうした小さな塊が、1年後、5年後に振り返ったときに、大きな塊としてあなたの財産になる。
    ・小さな成功をつかむための5分という時間は1時間のうちに12回巡ってくる。つまり、自分を変えるためのチャンスがこんなにも溢れている。
    ・5分あれば行動を変えることができ、5分あれば、習慣を変えることができ、5分あれば自分を変えることができ、5分あれば、未来を変えることができ、5分あれば運命を変えることができ、5分あれば世界を変えることができる。

  • 「自分が成長できるものにこそハマった方がいい」
    気付くとスマホを見てしまう生活を変えたなぁ〜と思っていたところに図書館の返却された本棚にて発見!
    しょっちゅう見てしまうアプリをすぐにアクセス出来ないページへ、ブクログのアプリはすぐにアクセス出来るページへと見直してみた。
    小さい画面ばかり見て時間を無駄遣いしてしまうよりもっと本を読もうと思った一冊。

  • 非常に良かった。具体的で実践的な内容が書かれている。

  •  非常に有用な本です。私は、ついつい一日30分ぐらい、ヤフーニュースを見るくせがありました。
    下手すると、ヤフーコメントも見たりしてました。この本のノウハウ通り実行したら、
    たまに見るぐらいになりました。大進歩です。  

     1日30分で、1年間182時間、活動時間16時間で(睡眠やトイレ以外)割ると、
    以前は、1年間で、約11日間ヤフーニュースを見ていたことになります(笑)
    「忙しい」、「時間がない!」と言っていた自分が恥ずかしい。。。

  • 普段ゲームはやらないが、ニュースやInstagramをダラダラと見ている自分に気付き、この本を手にとった。
    スマホを使う事がダメな訳ではない。その使い方と目的が問題なのだと…目的?そんな事、考えた事もなかったので、スマホと向き合う良いきっかけになった。
    それとスマホを見ている時間の可視化。なんとなく使っているので、実際どのくらい費やしているか分からないので、時間を測れるアプリと、著者が凄く推していたlinoというアプリを入れてみた。
    何か変われるかな。

    2017.4.29…15

  • スマホの時間を増やすとリアルな経験の機会がどんどん減る。コミュニケーション能力の低下。
    アクセスしやすいスマホは他の娯楽に比べてドーパミンが溜まりやすい。
    依存はドーパミンが相対量でどれだけ溜まるかで決まる。
    スマホを使うことが習慣になってしまっている。新しい習慣を身につける=新しい脳の回路を作るには約6週間かかる。
    ・快楽をもたらす刺激の理由を視覚化する
    ・自分が成長することに刺激をすり替える
    習慣は感情と密接に関係している。成功者のスマホは完全にビジネス用。
    人間はドーパミンによる刺激を求めるので、スマホを使い続けるうちに無意識のうちに夢を追い求める必要を感じなくなっている。
    スマホサービスは、いかに顧客の時間を奪うかが目的。依存させるため。カスタマイズ性にはまるのは人は変化するものにはまるという性質があるから。
    資本主義はお金があったほうが幸せになれる確率が高くなるので、お金を増やすことを第一に考えるようになる。
    ゲームの世界では結果を得ることが簡単ですぐ変化がおき、自己肯定感が持てる。
    やればレベルが上がるからやめれない。見返りがある。サンクコスト効果。
    ヒットゲームに共通するものは、コレクション性、融合・進化などの創造性とか。
    1回数分で遊べるということは、非常に習慣化しやすいということ。
    ユーザの優先順位が次第に仕事ややるべきことからスマホゲームへと移っていく。
    オペランド条件付け。変動比率スケジュール、固定比率スケジュール、変動間隔スケジュール、固定感覚スケジュール。全種類のスケジュールを使って報酬を与える仕組み。
    運営側が意図していない本来の使い方をしないユーザが出てくるのはヒットコンテンツを作るうえではとても重要。
    シンプルだからこそ人は引き付けられる。シンプルでかつ戦略性のあるものがヒットする。指ではじくという刺激とか、五感をしげきするものが本能に訴える。
    何を学ぶのかゴールをきちんと決めてそこに向かって集中するのが本当の学びとなる。勉強しているつもりで実際には雑学ばかり増えている。
    興味が分散すればするほど人はゴールできなくなり、サービスを使い続ける。
    「いいね!」ボタン=コミュニケーション欲求を満たしストレスレベルが下がりドーパミンが出る。
    スマホ依存をやめるためのステップ
    1.快感をもたらす刺激の理由を視覚化する
    2.自分が成長することに刺激をすり替える
    3.自分がスマホに依存していることをきちんと認識する
    やめられない理由
    1.そもそも問題視していない
    2.自分がコントロールしていると思っている
    3.正当な理由があると思い込んでいる
    =>体重計に乗っていないデブ
    成功する人は教育に時間とお金を投資し続け、成功しない人は娯楽に時間とお金を浪費し続ける。
    年を取るごとに時間が進むのが早くなるのは脳にとって新しい情報が少なくなるから
    スマホアプリの整理
    1.人生の質を向上させるものはトップページに置く
    2.娯楽系はフォルダにまとめてアクセスしにくい場所に置く
    3.1か月以上使わないものは削除する
    成功者に共通している4分野=健康、人間関係、時間、お金。
    行動習慣は3日間、72時間くらい続けると変わる。

  • これを読んでスマホのトップページを変えれば、誰でも意識高い系になれる代物です。
    私もスマホのトップページに運動系のアプリを入れた今、気持ちはエリートサラリーマンです。
    あなたも日々の五分で意識高い系しませんか?

  • ゲームしないし、アプリもあんまりとらないから、人生変わるまでは実感できないだろうなー。
    ゲームしまくってる彼さんにこそ読んでほしい一冊。

全20件中 1 - 10件を表示

スマホの5分で人生は変わるのその他の作品

小山竜央の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
メンタリストDa...
村田 沙耶香
デール カーネギ...
伊賀 泰代
有効な右矢印 無効な右矢印

スマホの5分で人生は変わるはこんな本です

スマホの5分で人生は変わるを本棚に登録しているひと

ツイートする