2時間でわかる マクニールの『世界史』

著者 :
  • KADOKAWA
2.00
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 30
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (348ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784046016416

作品紹介・あらすじ

40年以上世界中で愛されてきた史学書の大作を、元予備校講師が丁寧に読み解き、重点ポイントを浮かび上がらせる。マクニールの『世界史』がもっと身近に、わかりやすく読める、わかる、学べる!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 『マクニールの世界史』のまとめ、「発明のシュメール人」、「文字」をつくり「神」をつくる、防衛拠点としてのポリス、遊牧民フン族がゲルマン民族の大移動を発生させた、イスラム世界を大きくしたオスマントルコ、グローバル化で価格革命・新大陸の作物の伝播・病気の拡大、長い16世紀、農奴制のロシア、進歩と保守の日中、サンクトペテルブルク建設から西へ拡大するロシア、変われないオスマン帝国、長距離輸送と産業革命、社会主義と資本主義、人種+貧困+宗教…マクニールの世界史を読みたい。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1944年三重県生まれ。東京大学文学部卒業後、駿台予備校の世界史講師となる。2001年に退職し、現在『漫画版 世界の歴史』シリーズ、『中国の歴史』シリーズ(いずれも集英社文庫)の構成を手がけるなど、歴史関係の本の著作・監修を多く行っている。主な著書・監修書に『30の戦いから読む世界史 上・下』『ライバル国から読む世界史』(いずれも日経文庫)、『読むだけ世界史』(学研)など多数。

「2016年 『2時間でわかる マクニールの『世界史』』 で使われていた紹介文から引用しています。」

2時間でわかる マクニールの『世界史』のその他の作品

関真興の作品

ツイートする