気力より体力 一流のコンディションを手に入れる

著者 :
  • KADOKAWA
2.86
  • (0)
  • (2)
  • (2)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 52
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (198ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784046016522

作品紹介・あらすじ

<b>あなたに足りないのは「気力」ではなく、「体力」だ――</b>
<b>仕事を「体」から問い直すと、集中力も生産性も格段に増える!</b>
<b>外資系社長時代に「1日8時間寝る」ことを自らに課していた著者のカラダ資本論。</b>


「もっと仕事のパフォーマンスを上げたいのに、気分が乗らず、はかどらない」

 こうした悩みを抱えたとき、たいていは気力が湧き起こらない原因を探り、それを解決しようとするものです。
 一方で、やる気もあり、仕事もそこそこ順調で、さらに成果を上げてステップアップしたいと考えているが……
なかなか結果として現れないという人もいるでしょう。
 意識を高く持ち、自分磨きに余念がない。大きな目標を設定して、そこに自分を向かわせるモチベーションを
湧かせようとしますが、なかなか続きません。

 それは、あるひとつの大事なこと、しかもビジネスにおける超基本的なことを見落としているからです。

 こうした“もっと気力がほしいビジネスパーソン”に欠けているものは、気力ではありません。もっと言えば、
仕事の能力でもありません。
 その大前提=土台となるものが欠けているのです。

 足りていないのは、実は体力。それが、成果を出しているビジネスパーソンの共通点を探った結果、得られた結論です。
 当たり前のことのように思えるでしょう。しかし、これを意識して、行動している人はほとんどいないはずです。
 頭脳労働者こそ、もっと「体」に目を向けてください。

 本書には、ビジネスパーソンの視点から、ビジネスパーソンが実践できる範囲内で、どうしたら仕事に必要な
体力がつくのか、仕事に必要な体力とはどんなものか、そもそもなぜあらゆる仕事に体力が必要なのかをまとめました。

 マシントレーニングは不要です。多忙でしょうから、ジム通いもしなくて結構。辛い食事制限とも無縁です。
意識すること、シンプルなことを続けること、それだけで十分です。

 ひとたび「体力」について考えれば、考えていない人とは明らかに差が付くはずです。その差は積もり積もって、
仕事の結果での大きな差となって目に見えるようになります。

 著者がこれまで「仕事にデッドラインを」「残業するな」「効率を上げよ」「2次会には行くな」――と繰り返し、
強調し、主張してきたのは、

<b>すべてが実は、「体力を整える時間を確保するため」</b>

だったのです。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 気力より体力 一流のコンディションを手に入れる
    著:吉越 浩一郎

    もっと気力がほしいビジネスパーソンに欠けているものは気力ではない。もっと言えば、仕事の能力でもない。その大前提=土台となるものが欠けている。足りていないのは、実は体力である。

    気力がない人は、本人が自覚しているか、していないかにかかわらず、例外なく体力がない。逆に言えば、仕事に必要な気力がわかないときは、とりあえずやる気を出そうなどと言う無謀な試みをするのではなく、仕事に必要な体力を整えればいいだけである。

    本書の構成は以下の6章からなる。
    ①年収の9割は内臓と筋肉が稼いでいる
    ②仕事ができる人は休み方を知っている
    ③キーワードは8時間 赤身肉 一万歩
    ④思い通りにリフレッシュするという能力
    ⑤コンディションのPDCAをガンガン回す
    ⑥自分の体の経営者になりなさい

    正直体力の衰えを日に日に感じている。
    悲しいかな、健康食品の記事に目がいき、腰痛体操などの情報を求めるなど、体力に満ち溢れているというよりは、ギリギリのところで行ったりきたりしている。

    やはりこれでは常に高いパフォーマンスを維持できるとは思わない。本書にあるようにやはり気力より体力であり、それにいち早く気付かされ、しかるべき意識改革と習慣を変え、継続することの重要性を理解したい。

    できる範囲で、しかし妥協はせず、持続性を意識して取り入れていきたい。

  • 【No.217】「能力がある人、気力が溢れている人とは、体力がある人のことなのです。デスクワークをしているホワイトカラーの人であっても、あくまで体が資本なのです。ですから、あなたの給料の9割は体、すなわち筋肉と内臓が稼いでいると言ってもいいくらい」「体力をないがしろにして能力を追い求めるのは、赤字を生むビジネスモデルを放置して、日々のキャッシュフローだけを改善させようとするのに似た、無駄な努力」「体質はインプット、体力はルーティン、体調はリセットで決まる」「食事については、”3食をきちんと、1人のときも誰かと一緒のときも、好きなものを好きなように、ただ、偏らないように気をつけて食べてさえいればいい”という考え方を持つこと」「残業をしなくてはならないのは、仕事の量が多いからでしょうか。稀にそういったこともありますが、たいていの場合、残業は、日中の非効率的な働き方によって生じます」

  • 気力より体力。

    本当にそうだと思います。

    頭を使うような仕事でも能力を充分に発揮するには土台となる身体が健康ではなくてはならない。

    うなづける話が多いが、睡眠は8時間必要とか、この著者の決めつけもあるのがちょっと気になったかな。

  • すぐに読める本。
    仕事には能力は気力のベース部分である人間の基礎体力が大切であり、知的労働者はきちんとメンテナンスすべきである、ということをシンプルに主張している。
    説得力があり実践してみようと思った。

  • 体力は大事なのは同感。しかし、そのメソッドをもう少し詳しく教えて欲しい。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

1947年千葉県生まれ。ドイツ・ハイデルベルク大学留学後、上智大学外国語学部ドイツ語学科卒業。極東ドイツ農産物振興会、メリタジャパン、メリタカフェを経て、1983年にトリンプ・インターナショナル(香港)に入社。1987年にトリンプ・インターナショナル・ジャパンの代表取締役副社長、1992年に同社の代表取締役社長に就任。代表取締役在任中に19期連続増収増益を達成。2004年に「平成の名経営者100人」(日本経済新聞社)の1人に選出される。2006年に退任し、現在は、吉越事務所代表。

「2016年 『気力より体力 一流のコンディションを手に入れる』 で使われていた紹介文から引用しています。」

気力より体力 一流のコンディションを手に入れるのその他の作品

吉越浩一郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村田 沙耶香
メンタリストDa...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする