行きたい高校に行くための勉強法がわかる 中学一冊目の参考書

著者 :
制作 : usi 
  • KADOKAWA
3.83
  • (0)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 37
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (196ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784046017338

作品紹介・あらすじ

「天才なんていない!」
中学校の勉強に不安を抱く少年がある日神社を訪れると、
突然そう告げられた。

勉強の心構えから参考書の使い方まで
効率的な勉強法がわかる14日間の物語

読めば、効率的で経済的な勉強法が面白いほどよくわかる!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 中学校の定期テストの勉強法について、おススメの参考書や問題集の使い方まで具体的に指南している本。

    本文は小説形式で、中学校入学後、初めての中間試験に挑む、勉強が苦手な少年が主人公。ひょんなことから出会った学問の神様に勉強の勘所を教えてもらうというお話。

    その中には数々のノウハウが詰まっています。

    「天才なんていない。正しい勉強法で勉強すれば、成績はみるみる上がる」
    「勉強ができる人は勘所をおさえて勉強している」
    「成績がいいやつは初めから勉強が好きなわけではない。成績が伸びたから勉強が好きになった」

    というように、勉強に対する先入観や思い込みを少し修正して、具体的なノウハウが書かれた章を読み進めていくと、成績って「正しい努力の分だけあがるもの」と思うようになってきます。

    そして自分も中学時代、正しい勉強法で勉強して正しく努力をしていれば、もうちょっといいとこ行けたかも・・・なんて思ってしまいました。

    主に書かれているノウハウはこんな感じ。
    ・正しい授業の受け方
    ・ノートの取り方
    ・教科書準拠問題集を解いて勉強する、という方法
    ・各教科ごとの勉強のポイント
    ・部活との両立について

    これはぜひ、息子に読ませたい。

    ただ、ここまで望むのはアホすぎるかもしれませんが、ひとつ触れてほしかったと思ったことがありました。

    それは・・・テストの回答の仕方。

    ケアレスミスをなくす方法。

    ここまで書いてくれていたら★5にしたかった。

  • 「まんが攻略BON!」と「教科書トレーニング」を使った勉強法が載っている。

    勉強の勘所がわかる

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1987年新潟県佐渡島生まれ。東京大学理学部化学科卒業、同大学院理学系研究科化学専攻中退。新卒入社した株式会社DeNAを経て独立。東京大学へは、独学で合格した。在学中から参考書の執筆をスタートし、ベストセラー学習参考書『宇宙一わかりやすい高校化学』シリーズ(学研)をはじめ、『行きたい大学へ行くための勉強法がわかる 高校一冊目の参考書』(KADOKAWA)など多数上梓。幼児向けや一般向け書籍も執筆している。

「2018年 『行きたい大学に行くための基礎が身につく  高校一冊目の化学基礎』 で使われていた紹介文から引用しています。」

行きたい高校に行くための勉強法がわかる 中学一冊目の参考書のその他の作品

船登惟希の作品

ツイートする