はじめまして、アシュタール

著者 :
  • KADOKAWA
4.40
  • (3)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 14
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784046017413

作品紹介・あらすじ

はじめまして。私は宇咲愛(うさき あい)と申します。
私は数年前までは、医療介護業界で管理職としてバリバリ働いていました。

今は、アシュタールの公式チャネラーとして、
幸せになるメッセージを日々、発信しています。

数年前、医療介護業界で働いていた私は、
「現実主義者」で、目に見えるものしか信じない! という人間でした。

すると、2011年、不思議なメールがきたのです。
そのメールには、「アシュタール」「宇宙連合」「フルトランス」「スターシード」などの言葉が……。

そして毎日「あるルール」を受け取るようになったのです。

「あるルール」の内容は、とても興味深く、私はまたもや人体実験してみたくなり、
すべての私の生活自体をその通りに実践してみました。

するとどうでしょう。
職場では、営業成績が人智を超える数字となって現れました。
私は「あるルール」の素晴らしさに感服したのでした。

今までの地球のルールでは、能力や実力が問われているように感じましたが、
「あるルール」には、そのようなものがまったく必要ありませんでした。

「あるルール」を開始したきっかけになった存在、
そして、何よりも私の人生を大きく変化させたのが、「アシュタール」という存在です。
「あるルール」とは、「宇宙の法則」のことでした。

この本では、アシュタールに幸せになるためのヒントを、
様々な角度からたずねています。
どうか、ゆっくり目を通していただければと思います。

<もくじ>
第1章 アシュタール、あなたは誰ですか? 
第2章 宇宙の法則で生きれば、幸せになれる
第3章 「わくわく」の2つの感情を知ろう
第4章 潜在能力が開かれるシンプルな方法
第5章 あなたの運命は自分で描き換えられる!
第6章 真のパートナーと出逢うために
第7章 親子関係も変わり、自分も変われる
第8章 あなたの大親友、身体の声を聞く
第9章 宇宙の流れに流される生き方をしよう
第10章 感性を磨けば、未来も変えられる!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 自分を大切にして、自分の軸で生きていく

    世の中ってパラレルワールドになっているんだなと感じます。

    同じものを見ても、楽観的は人は何でも楽しく見えるし、悲観的な人は何でもしんどいように感じる。色々な方とお話する中で、この人と私は見ている世界が全然違うと感じることがよくあります。

    身の回りに起こることは、全て自分が招いている。
    このことを、宇宙の法則を中心に分かりやすく解説されています。

    すぐに取り組めるワークが多いのも特徴です。

    自分がどうなりたいのか分からない、自分に自信が無いという人も、自分の体で実感しながらより良い未来、自分が望む未来を考えるきっかけになるのではないでしょうか?
    自分で幸せな生き方をつくる本です。

    この本に書かれていた「あなたは存在しているだけで素晴らしい」という項目を読んで、家族や周りの方々への感謝の気持ちが溢れてきました。

    具体的な事例が多いので、スピリチュアル初心者の方にも入りやすいと思います。

  •  詳細なレビューはこちらです↓
    http://maemuki-blog.com/?p=11067

  • ・地球的生き方ではなく、「宇宙の法則」にのっとって生きれば、うまくいくのです!

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

11次元のアセンテッドマスター、アシュタール(Ashtar)公式チャネラー。外科・救急外来・産婦人科病棟・内科などで看護師の経験を積んだ後、十数年にわたり看護部長、施設長などの管理職を務める。2011年、自らの子宮筋腫をアファメーションで完治させた後に、11次元のアセンデッドマスター・アシュタールと再会。地球上で26名、日本人ではただ一人のアシュタール公式チャネラーであると教えられる。その後退職し、2012年から「宇宙の法則」を本格的に伝えることを開始。アシュタール監修のもと『魔法の学校』を開校。主な著書に『アシュタール×ひふみ神示1~3巻』『魔法の学校完全版』(ヒカルランド)、『「ありのまま」で願いが叶う「魔法の法則」』(PHP研究所)、『はじめまして、アシュタール』(KADOKAWA)などがある。

「2017年 『驚くほどすべてがうまくいく! すごい成功』 で使われていた紹介文から引用しています。」

はじめまして、アシュタールのその他の作品

宇咲愛の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする