坂野惇子 子ども服にこめた「愛」と「希望」 (中経の文庫)

著者 :
制作 : 『歴史読本』編集部 
  • KADOKAWA
3.00
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 17
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784046017482

作品紹介・あらすじ

神戸の裕福な家庭に生まれ育った坂野惇子。しかし、戦争が彼女から幸せな暮らしを奪った。それでも彼女は希望を捨てず、新しい時代を築く子ども達を豊かに育む上質な子ども服をつくる夢に向かって邁進するのだった。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 朝ドラのヒロインということで、手にとってみたが、期待外れだった。まず、著者がヒロインのどんな部分に魅力を感じていたのかが、分からない。そのせいか、考察に深さが感じられない。表現が伝聞や憶測に基づくものばかりで、ヒロインに感情移入しづらい。ヒロインを支える人物も同様である。そのせいか、ヒロインが魅力的に感じられない。神戸のお嬢様がたまたま家族や友人に恵まれ、ビジネスでも大当たりした、という域を出ない。本当はもっと魅力的な方であったはずなのに、素材を活かせておらず、残念に感じた。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

大阪芸術大学卒業。ウェブサイト「BizAiA!」で『カフェから見るアジア』を連載中。著書に『広岡浅子』(新人物文庫)、『大橋鎭子と花森安治』『坂野惇子』『吉本せい』(いずれも中経の文庫)、『江戸三〇〇藩 城下町をゆく』(双葉新書)、『戦術の日本史』(宝島SUGOI文庫)などがある。

「2018年 『金栗四三と田畑政治 東京オリンピックを実現した男たち』 で使われていた紹介文から引用しています。」

坂野惇子 子ども服にこめた「愛」と「希望」 (中経の文庫)のその他の作品

青山誠の作品

ツイートする