賢い子に育てる 最高の勉強法

著者 :
  • KADOKAWA
3.43
  • (2)
  • (0)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 28
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784046017536

作品紹介・あらすじ

親が子どもに与えたい能力や機会はどうすれば養われるのか?
「学校の勉強」「受験のための勉強」に役立つのはもちろんのこと、大人の世界でも役に立つ、
「人生を切り開く能力を培うための勉強法」を伝える教育書です。

受験制度や学校での授業の取り組みも変わり、「新しい学力」が求められるようになってきた現在。
子どもに豊かな人生を歩ませるためには、
「記憶再生力」と「問題解決力」を獲得させることが必要不可欠となってきています。

本書では、その2つの力を養うための数々の具体的な方法を紹介、
人生の成功を導く習慣を身につけさせることができる1冊です。


・「この後どうなる?」が想像力を育む
・子どもがゾーン入れば天職が見つかる
・机の前に座らずに勉強しても大丈夫?
・本は強制的に読ませなくてはいけない
・音読で子どもの集中力を測る
・上達力さえあればいい
・生真面目タイプの子どもとリラックスタイプ
の子どもの勉強法の違い
・どんな教科でも、勉強は段取り力と説明力!
・不得意科目は一点突破で克服する

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 賢い子どもに育てるコツが山ほど載っており、大人になってからも生かせそうなことも沢山!
    なるほど!と何度思ったことか。百々のつまりはやはり国語力なんですね。
    *絵本を読み聞かせる、続きを考えさせる
    *アイデアが浮かんだらメモをする
    *一流のものに触れさせる
    *集中するには「3秒吸って2秒止めて10秒で吐くのを2、3回繰り返す。」
    *勉強する大きな目的のひとつは「時間管理能力を身につけること」。学生時代から、自分で時間割りを組んで集中するときは集中し、休むときは休むというメリハリをつける習慣が身に付いていると、その後仕事に就いたときも非常にスムーズに移行できる。
    *記憶術》自分と関連付けると覚えやすくなる

  • 環境を作る

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

齋藤 孝(さいとう たかし)
1960年静岡県生まれ。東京大学法学部卒業後、同大大学院教育学研究科博士課程等を経て、明治大学文学部教授。専門は教育学、身体論、コミュニケーション論。学者、作家、文化人の役割で多くのメディアに登場している。
2001年『身体感覚を取り戻す』で第14回新潮学芸賞を受賞。2001年発行の『声に出して読みたい日本語』は250万部を超えるヒットとなり、第56回毎日出版文化賞特別賞を受賞。
その他、『語彙力こそが教養である』など多くの著書があり、発行部数は1000万部を超える。『こども孫子の兵法』など監修作のヒットも多い。NHK Eテレ「にほんごであそぼ」総合指導。

賢い子に育てる 最高の勉強法のその他の作品

齋藤孝の作品

ツイートする